マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

★2次事例Ⅲにも通ず 【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~その他生産方式に関する事項(前編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
生産ラインの生産性の向上を狙った次の改善施策のうち、最も不適切なものはどれか。(平成21年度運営管理 第20問)

(ア) 異品の組付けによる不良発生を防ぐために、部品棚にポカよけ装置を設置した。
(イ) 各工程の作業者の作業効率を高めるために、部品や工具をできるだけ作業者の作業位置に近づけて供給した。
(ウ) 生産ラインのバランスロスを抑制してライン全体の生産効率を高めるために、直線ラインをU字化し、作業分担を見直した。
(エ) 段取作業による生産ラインの停止時間を抑制するために、外段取作業を内段取化した。




















(解説)
生産ラインの生産性の向上を狙った改善施策に関する問題である。


ちなみに記事タイトルに”★2次事例Ⅲにも通ず”と書いたが、その理由は

本選択肢の改善施策は、2次試験事例Ⅲの答案に活用できる可能性がある

からである。


生産ラインの生産性の向上を狙った改善施策に関して、試験委員が自ら「これは正しい施策なんだよ」とわざわざ示してくれているわけなのだから、これを活用しない手はないということである。



それではさっそく各選択肢を検証していく。


ア:特に違和感はない。ポカヨケとは、工場の生産ラインにおける人為的な作業ミス(ポカミス)を防止する仕組みや装置のことである。「ポカミスを除(よ)ける」という本来的意味から、ポカヨケというネーミングとなる。本内容に照らし合わせると、選択肢の内容は正しいことがわかるので、〇。


イ:特に違和感はない。部品や工具をできるだけ作業者の作業位置に近づけて供給すれば、その分無駄な動作や移動を削減できるので、作業者の作業効率は高まる。動作経済の原則に則った改善施策なので、〇。動作経済の原則に関しては、本選択と照らし合わせながらもう一度テキストを眺めてみてほしい。


ウ:特に違和感はない。U字ラインは「U字型の形状をとる生産方式で、この形状をとることによって、1人の作業者に割り付ける作業の組み合わせが豊富になる(JIS)」と定義されている。U字ラインでは、1人で複数の作業工程をこなす前提で生産設備がU字型に配置される方式である。故に、作業者の作業に要する速度の違いや作業自体の所要時間による工程間の待ち時間が発生しなくなる生産方式であるため、バランスロスの抑制につながる。そして当然のことながら、直線ラインをU字化する上では、作業分担の見直しも必要となる。以上より、選択肢の内容は正しいため、〇。


エ:本選択肢を解釈する上では、段取替えの意味を知っている必要がある。段取り替えとは、製品種類や工程内容が変わる際に生じる生産前の準備作業のことである。具体的には、生産品種をA製品からB製品に変えるため、金型や治工具等をB製品製造用のそれに取り換える作業のことである(A製品の製造とB製品の製造とで利用する製造器具が異なれば、当然それを取り替えないとB製品を製造することはできない)。段取り替えそのものが時間の浪費につながるため、その抑制が生産性に影響するということである。

外段取作業とは機械設備を停止しないで行う段取作業のこと、内段取は機械設備を停止して行う作業のことである。当然のことながら、内段取は機械設備を停止して行うことから、段取り替えの作業を行っている時間がそのまま生産性の低下につながる。よって、内段取りは極力外段取化する方が生産性向上につながるということになる。以上より、選択肢「外段取作業を内段取化」は誤りであり、「内段取作業の外段取化」が正しいので、×。この出題の仕方自体は極めて初歩的な内容である。「内段取りの外段取り化」と30回くらい声に出して唱えれば、間違うことがない問題である。

なお、シングル段取というものもあるが、これは機械設備の停止時間が10分未満の内段取のことである。内段取ではあるものの機械停止時間が短い(つまり内段取の時間短縮版)という意味で、単なる内段取よりは生産性が高いと理解しておけばよい。
※もちろん、10分以内に届かずとも、内段取りそのものの時間を短縮するという改善方法も存在する。

なお、本選択肢を正しい内容にした文は以下の通り。

段取作業による生産ラインの停止時間を抑制するために、内段取作業を外段取化した。



以上より、正解はエである。

(解答)
(エ)


今回はなぜ誤っている選択肢エを正しくした文を敢えて提示した理由について触れておこう。


それは先ほども説明した通り

選択肢ア~(正した)エは2次試験事例Ⅲの答案に活用できる可能性があるため

である。


本過去問に書かれている選択肢に関しては、2次試験事例Ⅲで事例企業に対して改善施策として提案できるくらいにしっかり理解を踏まえておいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~管理方式(後編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
工程管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。(平成22年度運営管理 第9問)

(ア) 追番管理方式では、製作番号が異なれば同じ部品であっても違った部品として管理される。
(イ) 常備品管理方式は、部品の調達リードタイムが長い場合に有効である。
(ウ) 生産座席予約システムでは、完成品や仕掛品の現品管理が容易である。
(エ) 製番管理方式は、受注見積りの時点で信頼できる納期を提示できる。




















(解説)
工程管理方式がオールスターで集結し選択肢に散りばめられている。それぞれ検証してみる。

ア:「製作番号が異なれば同じ部品であっても違った部品として管理される」の文を見て「おっ!」と思ったあなたは、きっと前回の過去問チャレンジ(コチラ)の内容をしっかりと復習したのだろう。これは明らかに製番管理方式の内容にである。ゆえに×。

イ:常備品管理方式とは、材料や部品、製品を常に一定量在庫として確保しておく方式である。「常備品」という言葉は「常に用意しておくもの」という意味なので、そこからその内容を推測できるだろう。
ではなぜ常に一定量在庫として用意しておく必要があるかその背景を考えると、①継続的に消費されるものである(常に一定量の消費がある)、②調達リードタイムが長い(調達に時間がかかる)、③単価が安く在庫費用負担が少ない、④長期間在庫としても品質劣化がない等の理由が挙げられる。以上を踏まえれば、選択肢の文章「部品の調達リードタイムが長い場合に有効である」は上記②に該当するので〇である。本選択肢が正解。

ウ:生産座席予約システムとは、「受注時に、製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダを割り付け、顧客が要求する納期どおりに生産する方式(JIS)」である。
飛行機の座席をWebで予約するシーンを思い出すとよい。消費者は出張が必要になったので、Webで飛行機の空いている座席予約を行う。航空会社は予約内容を元に、きちんと座席を確保した上でフライトに備える。これを生産座席予約ステムに置き換えると、消費者は顧客から受注をもらった営業、飛行機の座席は製造設備や資材、航空会社は製造部門(予約状況を見て出荷納期に遅れないように各種生産準備・調整を行う)に該当する。
生産座席予約システムの主なメリットは、①営業担当と生産担当が同一の情報に基づいてリアルタイムに需給調整ができる、②受注見積りの時点で信頼できる納期を顧客に提示可能となる、③生産担当は受注オーダーを早期に把握できるため、各種生産準備をタイムリーに行え&準備の精度が高まる といったところだろうか。
さて、以上の特性を見ると、選択肢に書かれている「完成品や仕掛品の現品管理が容易である」は一切本件とは関係ない。これは追番管理方式に関する記述である(追番管理方式の特性としてしっかり覚えておいてほしい)。ゆえに×。

エ:選択肢ウで説明した通り、これは生産座席役システムの内容である。ゆえに×。


以上より、正解はイである。

(解答)
(イ)


前回の過去問チャレンジ(コチラ)をきちんと取り組んで本記事を読んだ読者は、製番管理方式の出題の癖が少し見えてくるだろう。同様の視点で、他の管理方式の選択肢も見てみてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~管理方式(前編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
製番管理方式の特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。(平成28年度運営管理 第7問)

(ア) 多くの製品に共通して使用する部品の発注に適している。
(イ) 継続生産における部品の数量統制に適している。
(ウ) 製造命令書の発行時に在庫中の常備品を引き当てることができる。
(エ) 納期変更や製品仕様の変更があった場合に、特定の部品の発注指示、生産指示などの変更が容易である。




















(解説)
製番管理方式に関する問題である。

以下がJISの製番管理方式の定義である。

「製造命令書を発行するときに、その製品に関するすべての加工と組立の指示書を準備し、同一の製造番号をそれぞれにつけて管理を行う方式。  備考 :個別生産のほか、ロットサイズの小さい、つまり品種ごとの月間生産量が少ない場合のロット生産で用いられることが多い。(JIS)」

製番は、製造指示をする際に発行される製造番号(製造のオーダーを管理する番号)のことである。この製番をキーとして、製番単位で部品の調達や製造の進捗管理、原価管理を行う。つまり、製造番号単位で生産上の様々な管理を行う方式が製番管理方式ということである。

このように、製番単位で生産上の様々な管理を行うことができるという特性を踏まえれば、製番管理方式が個別生産や小ロット生産で用いられる理由もお分かりいただけるだろう。原価管理を例にすれば、製造番号単位に材料費、労務費、経費が管理される。仮に仕様が全く同じ受注生産品を2つ製造するとしても、製番管理方式で管理する場合には、この2つの製品の製造指示をする際にはそれぞれ異なる製造番号が発行され、製造原価もそれぞれの製造番号単位で集計・管理する個別原価計算を行うことになるということである。


以上を踏まえ、各選択肢を検証する。

ア:製番管理方式では、あくまで製番単位で必要な部品を発注・調達することになる。たとえ多くの製品に共通して使用する部品であったとしても、異なる製番に紐づけられていれば異なる部品として個別に手配・管理されることになる。この特性を鑑みれば、「多くの製品に共通して使用する部品の発注」には適さない。ゆえに×。

イ:JISの定義(備考)の通り、製番管理方式はその特性上、「備考 :個別生産のほか、ロットサイズの小さい、つまり品種ごとの月間生産量が少ない場合のロット生産で用いられることが多い。」管理方式である。「継続生産における部品の数量統制」には適さない。ゆえに×。

ウ:アの解説の通り、あくまで製番単位で必要な部品を発注・調達することになるため、在庫中の常備品を引き当てることはできない。ゆえに×。

エ:製番管理方式では、製造番号単位で生産上の様々な管理を行う。したがって、仮に納期変更や仕様変更があったとしても、その変更の影響が対象となる製番の範囲に限定されるため、発注指示や生産指示等の変更への対応が容易である。ゆえに〇。


以上より、正解はエである。

(解答)
(エ)


この過去問を解くだけでも、製番管理方式に関してはかなり理解を深められるはずである。

「そもそも製番管理方式って何?」

というところからJISの定義を確認した上で、上記過去問の選択肢を読むことで、本試験での対応力を高められるはずである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~1人生産方式とライン生産方式(後編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
需要量が多く、市場が安定している製品の組立を行う生産方式を決定することに関する記述として、最も不適切なものはどれか。(平成25年度運営管理 第8問)

(ア) 製品の組立作業に必要な設備の多くが高価であるので、一人生産方式を採用することにした。
(イ) 製品の組立作業要素の数が多く複雑であるので、ライン生産方式を採用することにした。
(ウ) 製品の組立作業要素の数は少ないが作業者の作業時間変動が大きいので、一人生産方式を採用することにした。
(エ) 製品の組立作業要素の数が少なく効率の高いライン編成ができないので、一人生産方式を採用することにした。




















(解説)
今回も1人生産方式とライン生産方式を絡めた問題である。前回の過去問チャレンジ(コチラ)と比較しながら、さっそく各選択肢の検証をする。

ア:1人生産方式の場合、例としてU字ラインで設備を設置すること場合がある。U字ラインとは、「U字型の形状をとる生産方式で、この形状をとることによって、1人の作業者に割り付ける作業の組み合わせが豊富になる(JIS)」である。

さて、仮に本選択肢のような高価な設備をU字ラインで設置する場合で、かつ作業者:U字ラインの数=1人:1つという前提の例で考えた場合、生産する作業者の数だけ高価な設備を導入する必要が出てくることになる。こうなると、設備投資の金額がボトルネックとなって、製品の採算性を確保できない、投資資金を捻出できずそもそも生産ラインを組むことがない等の問題が起こるだろう。組立作業に必要な設備が高価な場合は、ライン生産方式を採用するべきであろう。ゆえに×。

恐らく本選択肢が正解選択肢であろうが、他の選択肢も検証した上で最終判断する。


イ:これは前回の過去問チャレンジ(コチラ)で取り上げた問題の選択肢イと同様の論点である。その選択肢は以下である。

(イ) 1人生産方式は、作業数が少なく、作業時間の変動が大きい場合に有効である。

前回解説済みなのでサラッと解説するが、作業要素の数が多く複雑だと習熟までに時間がかかるので、1人生産方式は適さない。ゆえにライン生産方式を採用するべきであろう。ゆえに〇。


ウ:これは前回の過去問チャレンジ(コチラ)で取り上げた問題の選択肢イとビックリするくらい同じ問題である。これほどまで類似した問題は、中小企業診断士1次試験においては「過去問と全く同じ問題」と言ってもよいレベルである。もはや解説は不要であろう。〇。


エ:特に違和感はない。「組立作業要素の数が少ない」に関しては選択肢イ、ウで解説済みなので省略する。「効率の高いライン編成ができない」に関しては、「それじゃライン生産はできないでしょ?」という結論以外になり得ない。ゆえに〇。


以上より、正解はアである。

(解答)
(ア)


2回に渡って「1人生産方式とライン生産方式」をお伝えしたが、「試験委員が本論点に関して何を問いたいのか?」が明確に見えたはずである。本年度の試験において本論点が出題されれば、表現こそ異なるものの問われる”肝”の部分は不変のはずである。ぜひその”肝”をしっかりつかんでおいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】学習計画の進捗状況

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


筆者は過去記事「【1次試験】1次試験の学習計画」で、1次試験の突破に向けたマジコン流の概要学習計画をお示しした。



具体的には以下の通りである。

1次学習計画



上記計画は、2018年度1次試験に7科目突破を目標年、かつ9月に診断士試験の学習に着手した場合のものである。


実際には、2018年度を科目受験する受験生だったり、診断士試験の学習着手がもっと遅い受験生もいるだろう。


それらの受験生は、上記計画をご自身の目標や実態に合わせてプランニングする必要がある。




さて、ここであなたに確認である。


上記概要計画を元にあなた自身の大日程計画と小日程計画を立案し、PDCAサイクルをきちんと回せているだろうか?




もしこの作業をあなたが行っていないということであれば、早急に計画立案に着手すべきである。



なぜならば、


1次試験本番から逆算した学習計画とその実績対比分析がなければ、計画したことを確実に実行できているかの検証ができない


からである。



1次試験突破に向けての学習進捗度を測る観点として、筆者は以下の2つがあると思っている。

①目標から逆算した学習計画と実績との対比(To-Do消化の観点)
②答練や模試における目標得点と実際の得点との対比(実力測定の観点)



上記2つの観点におけるポイントは、


①の実行の結果として②がある(①→②の因果関係)が存在)


ということである。



もっと簡単に言えば、


「やるべきことを予め定めて実行(①)」し、その結果「試験突破の実力にあるかを検証②」して、更なる実行に繋げる


という関係にあるということである。


もし仮にあなたが②の観点でしか検証していないとしたら、検証後の学習をどのように進めればすればよいかの尺度もなければ、あなた自身が取り組んできた学習そのものが正しい方法だったのかどうかを知る術もない。


つまり、


学習計画なしの勉強は場当たり的であり、あなた自身のカイゼンにつなげられない


のである。




自身のあるべき(ありたい)姿を設定して戦略・戦術を立案し、目標を定めてそこから逆算した計画を立てて粛々と実行。そして最適なタイミングで計画・実績対比に基づく問題点分析&課題設定をして、次のアクションにつなげる。



企業であれ人であれ、上記サイクルは未来にあるべき(ありたい)姿になるための基本的なステップである。



あなたは将来、クライアント企業をあるべき(ありたい)姿に導く役割を果たし、社会に貢献することを目指しているはずである。



そうであるならば、


まずはあなた自身が基本的ステップをしっかりと実行して成功体験を積む必要があるのではないのか?




思い付きの場当たり的対応で物事に向き合うコンサルタントに対して、クライアントは安心して自身の会社の運命を託すだろうか?


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク