FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】平成30年年度 マジコンの事例Ⅰ講評(3)

前回の記事(コチラ)に続いて、今回も平成30年度の事例Ⅰの講評をしていきたいと思う。


今回もまずは前提条件の確認から入る。


【前提条件】

受験生のリアルを筆者自身が体感するために、敢えて設問解釈、与件文読解、ざっくり骨子作成までを筆者自身が制限時間40分間で行ったものをベースにお伝えしていく。なので、精度はあくまで上記制限時間の範囲で筆者が認識した水準のものであり、現時点では誤りを含んでいる可能性があるという点は前提としてご認識いただきたい。
※ガチ解答例は後日時間無制限で作成するつもりなので、後になって筆者の解釈は変わる可能性がある点はご容赦いただきたい。
※本作業をする前提として、診断士協会のHPからの問題用紙ダウンロードを除き、筆者は2次試験に関する情報を完全にシャットアウトして生活していたので、本ブログで発信する情報には何らバイアスはかかっていない。その点はご安心いただきたい。



今回は事例Ⅰの第2問(設問2)である。
※ここからはいつも通りの作業を設問別に進めていく。


設問別の答案方向性(マジコン案) 

【第2問(設問2)】

①題意を定めて答案の型を決定する
題意は「違い」なので、答案の型は「違いは~である。」となる。


②制約条件を把握する
・「それまでとは異なる考え方に立って」とあるので、「それまでの考え方」と「それ以降の考え方」の違いを与件文から明らかにする。
・「それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性」と「複写機関連製品の事業特性」の違いが題意なので、それぞれの製品の「事業特性」に関して、その違いを明らかにすることが本設問の肝であることをよく認識する。


③仮説を立てる
与件文を見なければ事業特性も何もわからないので、この時点で想起できる仮説は特になし。本設問は「違いを説明しなさい」と言う題意なので、過去問演習の経験則を踏まえ、「それぞれの事業特性を与件文から抽出して丁寧に比較検討し、その違いを明らかにすればよい設問のはずであるという」仮説を持って与件文を読みに行く。


④マジコンの答案の方向性
・従来製品の事業特性:販売した時点で取引が完了する売り切り型の事業(フロー型ビジネス)
・複写機関連製品の事業特性:複写機に関連する再生品・部品・消耗品等の販売により継続的に安定した収入源となる事業(ストック型ビジネス)



⑤根拠
①段落、④段落、⑤段落



<所感>
①段落の「この10年間の売上のおよそ6割を複写機の再生品や複合機内部の部品、複写機用トナーなどの消耗品が占めている」が非常に重要な根拠となるので、そこに気づきたい。重要なポイントは、複写機そのものの販売ではなく、その関連製品で売上構成比の6割を占めているということである。第⑤段落に事務機器の市場がシュリンクしていると書かれているにも関わらず、なぜ売上構成比の6割を複写機関連製品が占めているのかと言う点に気づければ、それは「継続的に売れるもの(=お金が入る物)」を売っているからであるということに気づけるだろう。

仮に上記に気づけなくても、読解力を駆使して読めば、④段落「開発した時点で取引が完了する売り切り型の事業の限界を打ち破ることを目標にして、新規事業開発に取り組んだ。それが、複写機関連製品事業である」をキャッチでき、結果として「継続的に売れるもの(=お金が入る物)」を売っているのではないか?」ということに気づけるとよい。

以上を踏まえると、「販売した時点で取引が完了する売り切り型の事業」「継続的に安定した収入源」あたりは、加点要素を積上げる上でも与件文のキーワードとして確実に答案に盛り込んでいきたいところである。
※上記答案の方向性は骨子のみなので淡白な印象かもしれないが、字数が余ればそこに与件文を踏まえながら要素を付け足して引き締まった答案に仕上げていけばよい。

なお、前提知識として、「フロー型ビジネス」と「ストック型ビジネス」それぞれの特性を知っていた受験生は、この問題はより対応が容易だったかもしれない。あるいは、1次企業経営理論の価格戦略で学んだ「キャプティブ価格」の論点から派生して、この問題の論点に気づけた受験生もいるかもしれない。

いずれにせよ、本設問は本年度の事例Ⅰの設問の中では比較的国語色の強い問題なので、(個人的には)確実に点を取りたい問題であると感じている。


次回につづく。


マジコン診断士

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR