FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】平成30年年度 マジコンの事例Ⅰ講評(2)

前回の記事(コチラ)に続いて、今回も平成30年度の事例Ⅰの講評をしていきたいと思う。


今回もまずは前提条件の確認から入る。


【前提条件】

受験生のリアルを筆者自身が体感するために、敢えて設問解釈、与件文読解、ざっくり骨子作成までを筆者自身が制限時間40分間で行ったものをベースにお伝えしていく。なので、精度はあくまで上記制限時間の範囲で筆者が認識した水準のものであり、現時点では誤りを含んでいる可能性があるという点は前提としてご認識いただきたい。
※ガチ解答例は後日時間無制限で作成するつもりなので、後になって筆者の解釈は変わる可能性がある点はご容赦いただきたい。
※本作業をする前提として、診断士協会のHPからの問題用紙ダウンロードを除き、筆者は2次試験に関する情報を完全にシャットアウトして生活していたので、本ブログで発信する情報には何らバイアスはかかっていない。その点はご安心いただきたい。



今回は事例Ⅰの第2問(設問1)である。
※ここからはいつも通りの作業を設問別に進めていく。


設問別の答案方向性(マジコン案) 

【第2問(設問1)】

①題意を定めて答案の型を決定する
題意は「理由」なので、答案の型は「理由は~である。」となる。


②制約条件を把握する
・「A社の人員構成から考えて」と書かれているので、与件文からA社の人員や組織体制に関わる記述を見つけ、そこを踏まえて答案を検討する。
・「最終消費者に向けた製品開発」と書かれているので、与件文に現状のA社(B to B)における製品開発プロセスが記載されているはずである。そこに注目する。


③仮説を立てる
設問文に「最終消費者に向けた製品開発にあまり力点を置いてこなかった」と書かれているので、シンプルに自分の1次知識から「B to B」と「B to C」の事業特性の違いから考えられる要素をいくつかピックアップしておき、その観点からA社の人員構成を踏まえて比較検討してみる。例えば、「最終消費者のニーズをくみ取って製品開発する組織体制がない」等が仮説として考えられる。



④マジコンの答案の方向性
最終消費者に向けた製品開発を進める上でA社は
・販売を外部委託しており、最終消費者との直接接点がない
・社員の9割近くが技術者という人員構成で、最終消費者のニーズの製品化を支える専門組織がない
   ↓以上より
・最終消費者に受け入れられない製品開発のリスク
・組織体制構築に伴う人件費の増大や技術者の人的資源分散により既存製品品質低下等の組織効率低下のリスク
   ↓
経営リスクが高まると考えた



⑤根拠
①段落、②段落、③段落、④段落、⑦段落、⑧段落、⑨段落



<所感>
この問題を検討する際も答案の方向性はぼんやりとイメージできるのだが、答案骨子をいざ作り始めると与件文を踏まえながらどのような要素をファクトとして拾い、どのようなワードでまとめて構成すべきかが意外と難しい。ともすると「B to B」と「B to C」の事業特性の違いを一般論で書いてしまいそうになる問題である。

筆者の答案骨子では
①最終消費者との直接接点がない
 →市場に受け入れられない製品を作ってしまって貴重な資源を浪費するリスク
 ※この方向性も完全思い付きで書いたわけではなく、④段落「開発した製品すべてが市場で受け入れるわけもなく」を利用。
②現状人員構成の9割は技術者であり、B to C事業を推進する上での組織体制としては脆弱
 →B to Cを推進する上では、それを推進する専門組織(例えばマーケティング部門・担当)があった方がよいが、組織人員の9割を占める技術職に一般消費者向けのそれをやらせるのはキツイし、もしやるにしても、第1問の筆者の答案骨子の通り、技術者の人的資源が分散化して既存製品品質まで落ちてしまう等の組織効率低下という観点で展開した。

恐らく上記の答案骨子は120字に収まらないので、答案作成時に文を圧縮したり要素を減らす等の対応をする必要があるだろう。

なお、読者のみなさまのご察しの通り、筆者の答案では本設問の答案の方向性と第1問のそれとがかなり類似してしまっている。これこそが、筆者が「第1問の答案に自信がない」と言った根拠である。筆者の頭の中では第1問と第2問(設問1)はレイヤーを多少変えて構成したつもりだったのだが、結果的にはあまり差異を感じられなくなってしまった。
筆者はもともと、設問間で根拠を重ねてリスクヘッジするという手法を好まないし、積極的にそれをやりたいとは思わない。しかし残り時間がなかったので、今回は結果的にこのように第1問と第2問(設問1)が類似となってしまった。


次回につづく。


マジコン診断士

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR