FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】経営情報システムの過去問 Point Check! ~コンピュータの機能

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


今回は「過去問チャレンジ」ではなく、「過去問ポイントチェック」である。


過去問チャレンジの企画を継続してもよかったのだが、本試験まで1ヵ月を切っている状況なので、複数の過去問をざっとチェックして、出題のポイントになりそうなところを一緒にチェックしていこうという企画である。


それではさっそく、経営情報システムの過去問ポイントチェック!!


【平成22年度経営情報システム 第1問】
 パーソナルコンピュータ(PC)には様々な半導体を利用した記憶装置が利用されているが、業務に適したものを選択しなければならない。したがって、その特性を理解しておく必要がある。
 次のa~dの記述と半導体を利用した記憶装置の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 主記憶装置に利用され、高速に読み書きができるが、記憶保持のためにはリフレッシュ操作が必要で、電源を切ると内容は消去される。
b BIOSなどのデータを工場出荷時に書き込み、PCでは読み込み専用で使用するもので、電源を切っても内容は保持される。
c 書き換えが可能で、デジタルカメラからPCへのデータ移動にも使用される。他の半導体記憶装置と比べると書き換えできる回数が少ないが、電源を切っても内容は保持される。
d 画面に描画するRGBの輝度データを記憶させるもので、電源を切ると内容は消去される。

[解答]
 ア a:SDRAM b:マスクROM c :フラッシュメモリ d:VRAM
 イ a:VRAM b:フラッシュメモリ c:SDARM d:マスクROM
 ウ a:フラッシュメモリ b:VRAM c:マスクROM d:SDARM
 エ a:マスクROM b:SDARM c:VRAM d:フラッシュメモリ


正解はアである。

この問題を初見で解く場合は、a~dいずれかの内容で1つでも知っていれば、正解が選べる。

まず、aは「記憶保持のためにはリフレッシュ操作が必要で」を見た瞬間に”DRAM”であることに気づき、aにSDRAMの記載があるアを選びたいところである。

bは「BIOSなどのデータを工場出荷時に書き込み」を見た瞬間に”マスクROM”に気づくという対応でもよい。

cは「デジタルカメラからPCへのデータ移動にも使用される」「電源を切っても内容は保持される」辺りの内容でフラッシュメモリと気づければOKである。

dで正解を選びに行く人は少ないだろう。VRAMは"Video Random Access Memory"の略なので、”Video”をしっかり覚えておくことで、ディスプレイ(画面)に関連するメモリであると記憶できる。この点を記憶していれば、d「画面に描画するRGBの輝度データを記憶させる」で引っかけることができるだろう。ここで覚えてしまおう。




bのマスクROMに関しては、平成24年度で以下の出題がある。


【平成24年度経営情報システム 第1問】
 コンピュータには様々な記憶装置が使用されている。そのうち、半導体を利用した記憶装置は処理速度や信頼性に影響を与えるなど、重要な役割を担っている。用途に適した半導体の記憶装置が装備されたコンピュータを選択できるように、その特性を把握しておくことが必要である。半導体を利用した記憶装置の特性に関する記述として最も適切なものはどれか。

エ マスクROMは電源を切っても記憶内容が保持され、また、内容の消去や書き込みが可能なので、バージョンアップが必要なBIOS の記憶に向いている。
※選択肢ア~ウは省略


マスクROMは、電源を切っても記憶内容は保持されるが、内容の消去や書き込みができないので×である。BIOSとマスクROMはセットで覚えておこう。

先ほどの問題(平成22年度経営情報システム 第1問)の問題文をもう一度いかに記しておくので、合わせて確認してほしい。

b BIOSなどのデータを工場出荷時に書き込み、PCでは読み込み専用で使用するもので、電源を切っても内容は保持される。




cのフラッシュメモリに関しては、以下の過去問でチェックしておこう。


【平成21年度経営情報システム 第1問】
各種業務において、パーソナルコンピュータ(PC)を利用して、データ交換を行ったり、画像データなどを取り扱ったりする場面が増加している。そのような場面で利用される外部記憶装置に関する、次の文中の空欄【 A 】~【 D 】に入る語句の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 デジタルカメラなどで撮影した画像データの記録や各種のデータ交換に使用され、【 A 】を経由してPCに接続しデータの読み書きを行うことができる半導体メモリは、【 B 】と呼ばれる。
 PCに【 A 】経由で、この【 B 】を接続する際は、【 C 】機能によりPCの【 C 】を行わなくとも使用することができる。

[解答群]
 ア A:IDE   B:DRAM   C:デバイスドライバ   D:デフラグメンテーション
 イ A:PCI    B:フラッシュメモリ   C:デバイスドライバ   D:リフレッシュ
 ウ A:USB   B:SRAM   C:プラグアンドプレイ   D:リフレッシュ
 エ A:USB   B:フラッシュメモリ   C:ホットプラグ   D:再起動


先ほどの問題の知識があれば【 B 】に「フラッシュメモリ」が入ることはわかると思うので、この時点で選択肢はイかエに絞ることができるので、この時点で正解確率を50%に高めることができる。

なお、上記の問題の正解はエである。”USB”と”ホットプラグ”はこの問題で覚えておきたい。

ちなみにホットプラグとは、PCの再起動を行うことなしに周辺機器のケーブル等の抜き差しが可能であることである。例えば、あなたはUSBメモリを利用したことがあるだろうが、USBメモリをPCに抜き差しする際に、いちいちPCを再起動していないはずである。あのことである。仕事や私生活でUSBメモリを利用するシーンが想像できれば、上記問題の【 A 】と【 C 】を当てることは可能であろう。


先ほどの問題(平成22年度経営情報システム 第1問)の問題文をもう一度以下に記しておくので、合わせて確認してほしい。

c 書き換えが可能で、デジタルカメラからPCへのデータ移動にも使用される。他の半導体記憶装置と比べると書き換えできる回数が少ないが、電源を切っても内容は保持される。



と、こんな感じで過去問における同一論点を複数の問題で確認することで、記憶すべきポイントの明確化や1次本試験対応力の強化といった形であなたの一助になりたいと考えている。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR