FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

コンサルタントの作る資料は1枚〇万円?

コンサルタントが作成する資料というと、あなたはきれいに色付けされたパワーポイントの資料を思い浮かべるだろう。実際その通りであり、筆者も多くのパワーポイントの資料を作成してきている。恐らく新卒入社時から現在に至るまでに作成したパワーポイントの資料数は、枚数の大小はあれ、数百~数千ファイルにも及ぶだろう。


さて、コンサルタントが作成する資料に関して、パワーポイント1枚あたりどれくらいの金額なのだろうか?ということをあなたは考えたことがあるだろうか?実はコンサルファームでは、先輩コンサルから嫌というほどこのことを言われる。

「お前が今作成している資料1枚がいくらになるのかわかっているのか?そんなゴミみたいな資料にその価値があるのか?」

といった感じで毎日のように詰められるのである。


一般的に、コンサルタントフィーは「時間当たりの単価×時間」で計算される。ということは、「時間当たりの単価」と「パワーポイントの1シートを作成するに必要な作業工数(時間)」がわかれば、パワーポイント1シートの金額がわかることになる。


コンサルタントの時間当たり単価は、コンサルランクによって決まる。コンサルランクはファームによって多少の名称の違いはあれど、概ね下のランクから

・アソシエイト(ジュニアコンサルタント)
・コンサルタント
・シニアコンサルタント
・マネージャ
・シニアマネージャ
・プリンシパル
・パートナー

といった形で定められている。このランク毎に時間単価の設定がなされているということである。

なお、コンサルタントの時間単価(いわゆる時給)は、どんなに安くても最低〇万円という単位になる。つまり、1万円を割ることはまずあり得ないと思っていただいて間違いないだろう。

consultant.jpg


ここで仮にコンサルタントの時間単価を2万円としよう。もしこのコンサルタントは1枚のパワーポイントのシートを作成するのに8時間要したとする。するのそのパワーポイント1枚当たりの価格は、2万円×8時間=16万円になるのである。


筆者はここで「コンサルタントの単価は高いのである」ということをあなたに伝えたいのではない。


筆者が伝えたいのは

「あなたが将来コンサルタントになって作成する資料1枚は〇万円~〇十万円もの価値があるものであり、あなたはクライアントからそれだけの価値とクオリティが当然に求められる」

ということである。そしてあなたが診断士試験合格に向けて現在勉強していることは、その価値あるアウトプットを作成するために必要なインプットと思考を鍛錬することに該当するのである。

あなたはそのような意識を持って、日々の勉強に向き合っているだろうか?マジなコンサルタントを目指す以上、中途半端な勉強など絶対に許されないのである。
※余談だが、筆者のコンサル時間単価をベースにこのブログ記事の価格を考えた場合、記事1本当たりの価格は…。考えないことにしよう。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR