現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】最後の追い込みスタート

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


昨日、TAC1次模試の会場受験が終了した。


多くの受験生は自己採点が終わっていると思うが、いかがだっただろうか?



合格点を取れたあなたは、現時点までの学習進捗度はひとまず順調と考えてよいだろう。

しかし、模試は所詮模試であり、本試験ではない。

したがって、今回の模試で合格点をあなたが取ったからと言って、本試験でもう一度合格点を取れる保証はどこにもない。なぜならば、ここから本試験までの約1か月間、あなたが現状の力を維持できる保証はないからである。

現時点では、確かにあなたは1次試験本試験の合格の射程圏内にいる可能性は高い。

しかし、今回の模試の結果を受けて油断し、ここからの1か月間でこれまでの緊張感を維持できないようなことが起こったとすれば、あなたが不合格圏内に入り込むことは極めて容易である点を忘れないでほしい。

あなたは絶対にこれまでの緊張感や学習ペースを崩してはいけない。

ここから1か月間は一切の油断は厳禁であることを肝に命じておいてほしい。




合格点を取れなかったあなた。諦めるのはまだまだ全然早い。

実は模試の得点より、本試験の得点は数十点以上は高く出る場合が多い。その理由は、以下の2点である。

①模試の問題と本試験の問題は違うため
②ここから本試験までの約1か月間の勉強の仕方次第で、大幅に本試験での得点を上げることは可能であるため

参考までに筆者の受験生時代の経験をお伝えすると、本試験7科目ではTAC1次模試との比較で+80点以上を取ることができた。

仮に今回の模試で合格点に届かなかったとしても、それを理由に本試験受験を諦めるというのは愚の骨頂である。

一方で、TAC1次模試が本試験前の最後の目標(練習試合)であることを、筆者は本ブログで何度もあなたにお伝えしてきた。

その目標までに、あなたが目標とする成果を得られなかったことは紛れもない事実なので、その点はしっかりと反省点として受け入れる必要があるだろう。

この模試を機会に、新たに明らかになった問題点を洗い出した上で課題を設定し、残りの約1か月の学習計画をきちんと決めてほしい。

この1ヵ月のあなたの学習の仕方次第で、あなたは1次試験突破を自らの手で手繰り寄せることができる。



TAC1次模試で合格点を取れた人も、合格点に届かなかった人も

「自分との本当の勝負」はここから

である。


最後の追い込みスタートである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR