FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】ちょっと問題を解いてもらえますか? ~経営情報システム

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


さて、唐突だがまずは以下の問題(4問)を解いてみてほしい。各問題の後に解答解説が出てくるので、しっかりと独力で解いてから解答・解説を読むようにしてほしい。
※一部計算問題があるため通勤電車の受験生はきついかもしれないが、メモ用紙などを取り出してトライしてみてほしい。



【問題1】
PCの処理効率を高めるために、CPUが主記憶にアクセスする時間を見かけ上短縮することを目的としたものはどれか。

(ア) SSD
(イ) 仮想記憶
(ウ) キャッシュメモリ
(エ) デフラグ




















(解答・解説)
<解答>


<解説>
もはや解説不要だろう。「【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(後編)」のキャッシュメモリに関する解説を読んでほしい。




【問題2】
CPUのキャッシュメモリに関する説明のうち,適切なものはどれか。

(ア) キャッシュメモリのサイズは、主記憶のサイズよりも大きいか同じである。
(イ) キャッシュメモリは、主記憶の実効アクセス時間を短縮するために使われる。
(ウ) 主記憶の大きいコンピュータには、キャッシュメモリを搭載しても効果はない。
(エ) ヒット率を上げるために、よく使うプログラムを利用者が指定して常駐させる。




















(解答・解説)
<解答>


<解説>
ア:キャッシュメモリは主記憶と比べて極めて小さい容量である。ゆえに×。
イ:正しい内容である。ゆえに〇。
ウ:キャッシュメモリがないとCPUと主記憶とのやりとりの速度がボトルネックとなり、コンピュータ全体の処理効率が低下する。主記憶装置の大小の問題ではない。ゆえに×。
エ:よく使うプログラムを利用者が指定などしない。キャッシュメモリに常駐させるデータはOS決定している。ゆえに×。




【問題3】
主記憶のアクセス時間60ナノ秒,キャッシュメモリのアクセス時間10ナノ秒のシステムがある。キャッシュメモリを介して主記憶にアクセスする場合の実効アクセス時聞が15ナノ秒であるとき,キャッシュメモリのヒット率は幾らか。

(ア) 0.1
(イ) 0.17
(ウ) 0.83
(エ) 0.9




















(解答・解説)
<解答>


<解説>
実効アクセス時間 = キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率+主記憶のアクセス時間×(1-ヒット率)
ヒット率をhとすると、
15 = 10×h+60(1-h)
15 = 10h+60-60h
h = 0.9




【問題4】
アクセス時間 10ナノ秒のキャッシュメモリとアクセス時間 50ナノ秒の主記憶を使用した処理装置の実効メモリアクセス時間を 25ナノ秒以下にしたい。最低限必要なキャッシュメモリのヒット率は何%か。


(ア) 50
(イ) 60
(ウ) 70
(エ) 80




















(解答・解説)
<解答>


<解説>
実効アクセス時間 = キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率+主記憶のアクセス時間×(1-ヒット率)
ヒット率をhとすると、メモリアクセス時間を 25ナノ秒以下にするためには,
10×h+50×(1-h ) ≦ 25
10h+50-50h ≦ 25
40h ≧ 25
h ≧ 0.625

よって、選択肢の内、最低限必要なキャッシュメモリのヒット率として適切なのは62.5%以上で最も近似値の70%であるウとなる。



さて、きちんと解けただろうか?


【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(後編)」で、筆者はキャッシュメモリに関して解説をした上で、「テキストでしっかりと復習しておきたい」とお伝えしていたので、あなたがしっかり復習していたかどうかを今回の記事では確認させていただいた。


厳しい言い方だが、今回の問題を解けなかった読者は、筆者が取り組んでほしいとお伝えしていることを実行に移せていない。


本ブログで発信している過去問チャレンジは、筆者なりに思いを込めてあなたに発信しているつもりである。
※筆者の思いは、過去記事「【1次試験】筆者が過去問チャレンジを発信する理由」参照。


本記事を読んでなんとなく学んだ気になるだけではなく、しっかりとあなたの血肉にして、本試験で合格を勝ち取れるように活用していただけたら幸いである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR