FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(後編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、経営情報システムの過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
パソコンを利用して各種業務処理を行う場合、複数の処理を同時並行して行ったり、大容量のファイルを読み込んで処理したりする場合が多くなった。このような状況に対応するために、オペレーティングシステムやハードウェアの機能が充実してきている。そのような機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。(平成20年度経営情報システム 第9問)

(ア) 仮想記憶管理とは、キャッシュメモリに主記憶の役割を仮想的に持たせることをいう。
(イ) スプール処理とは、低速の入出力装置などを使う場合に、他の処理を行えるようにCPUを早く解放するため、補助記憶装置などにデータを一時的に書き込み、後の空き時間に処理する方式をいう。
(ウ) スワッピングとは、デュアルコアCPUなど複数のCPUを用いて処理を交互に行う方式をいう。
(エ) 多重プログラミングとは、複数のプログラムをそのプログラムの数のCPUによって同時に処理させる方式をいう。




















(解説)
【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(前編)」に続いて、今回もコンピュータの仕組みに関する問題を取り上げた。

以下、各選択肢を検証する。

ア:「【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(前編)」の問題文②の解説で仮想記憶に関しては説明済みである。これは補助記憶装置に主記憶の役割を仮想的に持たせることであった。キャッシュメモリではないので、×。

キャッシュメモリとは、CPUと主記憶装置の速度差を補うためのメモリのことである。CPUは主記憶装置とデータのやり取りを行う必要があるが、CPUのデータ処理速度と比較してCPUと主記憶装置間のデータ転送速度は遅いため、それがボトルネックとなってコンピュータ全体の性能が低下してしまう。その問題を解消するために、小容量だが高速なメモリをCPUと主記憶装置の間に置くことで、コンピュータ全体の性能低下を防止するということである。

ちなみに、キャッシュメモリは一度読み出したデータを一時的に保存しておく記憶領域なので、必要なデータがキャッシュメモリに存在すれば高速アクセスが可能であるが、仮に必要なデータがキャッシュメモリに存在しなかった場合は主記憶装置からデータを読み出さねばならなくなるため、当然その分処理速度は遅くなる。このデータがキャッシュメモリに存在する確率をヒット率という。ヒット率を絡めたデータの平均読み出し時間の計算問題は出題される可能性があるため(過去問で見当たらなかったのだが…)、テキストでしっかりと復習しておきたい。


イ:「【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(前編)」の問題文③で解説済みである。正解選択肢である。


ウ:スワッピングは「【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(前編)」の問題文②の解説済みである。この選択肢はスワッピングとは全く関係のない内容を説明しているので、×である。


エ:多重プログラミングマルチタスク/マルチプログラミング)とは、1台のコンピュータで並行して複数の処理を行うことである。これは読者の多くは知っているはずである。読者の多くはスマートフォンを利用していると思うが、例えばLINEをやりながら、その裏でSafari(ブラウザ)を起動していたり、G-maliが起動されていたりするだろう。これは1台のスマートフォンデバイスで複数のアプリケーションを起動して並行して処理が行われていることを意味する。これがマルチプログラミングである。以上の内容を踏まえて本選択肢を見ると、「複数のプログラムをそのプログラムの数のCPUによって同時に処理させる」と書かれている。この選択肢の行っていることは、例えば5つのアプリケーションを起動する場合は、CPUの数は5つ必要ということになる。そんなはずはなかろう。ゆえに×である。




以上より、イが正解である。

(解答)
(イ)


【1次試験】経営情報システムの過去問チャレンジ ~コンピュータの仕組み(前編)」に続いて本記事を読んだ方はおわかりだろうが、出題されている論点は非常に似通っている。


無論これは偶然ではない。ぜひこの出題論点が似通っているという感覚を大事にして、重要論点に対しては理解度の向上と主t大パターンをきちんと把握し、効率的に弱点をつぶしていっていただきたい。


筆者も極力、あなたがそういう気づきを得られるような問題をセレクトしていこうと思う。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR