FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~立地条件

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


今回からは店舗・販売管理から問題を取り上げていく。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
経済産業省の『買物弱者応援マニュアル Ver.3.0』における「買物弱者」に対する流通業者やサービス業者の取り組みとして、最も不適切なものはどれか。(平成28年度運営管理 第26問)

(ア) 郊外での大型店の出店・開発
(イ) 消費者からの注文に応じて商品を届ける宅配サービス
(ウ) 消費者の居住地域での仮設店舗の出店
(エ) 商品を積載した車による移動販売
(オ) 来店手段となるバス等の運行




















(解説)
「買物弱者」に関する問題である。

日本はどの国にも例を見ない超高齢社会を迎えるため、「買物弱者問題」は非常に重要な問題となる。


経済産業省では、買物弱者を「流通機能や交通網の弱体化とともに、食料品等の日常の買物が困難な状況に置かれている人々」と定義している。『買物弱者応援マニュアル Ver.3.0』を読んでいない限りは、本設問はこの定義に基づいて、それに対する流通業者やサービス業者の取組みとして適切なものを類推して解答する以外方法はなかろう。

ちなみに「買物弱者なんてテキストに載ってなかったよ」というあなた。平成23年度運営管理第26問で買物弱者に関する問題が出題されている。この問題に触れた際にしっかりと学習していた受験生は、買物弱者に関しておおよその定義を想起できるはずである。


以下、各選択肢を検証する。

ア:「郊外での大型店」という文言だけを読むと一見よさそうにも思えるのだが、そもそもよく考えてほしい。たとえ郊外に大型店があったとしても、過疎地域にそのような大型店が多く存在するだろうか?仮に存在したとしても、家から大型店まではそれなりに距離がある場合もあり、その際は自動車を運転のできない老人等が店に買物に行くことはは困難だろう。恐らくこれが正解選択肢(不適切なもの)だろうが、念のため他の選択肢も検証する。

イ:宅配サービスがあれば、自宅にいながら日常の買い物を済ませることができる。2次試験の受験経験がある読者は、宅配サービスは事例Ⅱでよく出てくる内容なので、この選択肢は正しい内容と判断できるだろう。

ウ:地域に密着した仮設店舗の出店が住居の近辺にあれば、買い物難民の買い物のハードルは大幅に下がるはずである。

エ:ウと同様にこれも問題なさそうである。よく考えると、ウとエは店が「仮説の店舗」か「移動販売の店舗」かの違いだけであり、住居地域の近くに店を出すというレベルで言えば同様の概念であることがわかる。その時点で、不適切なものが1つである以上、ウとエが解答選択肢であるはずがないことがわかる。

オ:バス等の運行により移動手段が提供されれば、買い物難民の買い物のハードルは大幅に下がるである。この選択肢は正しいだろう。


以上より、アが正解である。

(解答)
(ア)



『買物弱者応援マニュアル Ver.3.0』を見てみると、以下の図が記載されている。

買物弱者マニュアルー取組の概要
※「買物弱者応援マニュアル Ver.3.0」より


上図の①と選択肢イ、②と選択肢ウ、エ、③とオが対応していることがわかる。ざっと見ておくとよいだろう。


ちなみに平成26年度に実施した買物弱者問題の調査報告書が経産省のホームページに掲載されているのだが、内容はもちろん、資料の作り方やレポートのまとめ方という観点であなたの参考になるだろう。なぜならば、この調査報告書は外資系の戦略ファームであるアーサー・D・リトルが作成しているからである。
※調査報告書の左上に社名が入っている。

以下にリンクを貼っておく。

買物弱者等に関する報告書(要約抜粋版)(PDF形式:784KB)
買物弱者等に関する報告書(PDF形式:2,071KB)PDFファイル


コンサルティングファームと接点のない読者は、なかなかコンサルが作成した資料を見るチャンスというものがないと思う。受験生の読者は忙しくて今は読む暇がないと思うが、診断士試験合格後にぜひじっくりと読んでみてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR