FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】マジコン流答案作成プロセスの復習(1)

今回は2018年度の2次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


さてゴールデンウィークに突入したが、2次試験突破を目指すあなたはどのようにお過ごしだろうか?


この貴重な休みを活かして、ぜひ自分なりの課題を設定して、有意義な勉強を進めてほしい。



さて、本記事は2次試験を目指すあなたに向けて、マジコン流の答案作成プロセスの復習を連載形式で実施する企画である。


2次試験突破を目指すあなたのお役に少しでも立てれば幸いである。



それではさっそく。


筆者は答案作成を以下の4ステップで実施することをオススメしている。

【1】設問を解釈する
【2】与件文を読む
【3】答案骨子を作成する
【4】答案を作成する


本記事では「【1】設問を解釈する」について説明する。



【1】設問を解釈するのステップであなたが実施すべきことは以下の3点。


①題意を定めて、答案の型を決定する

設問を読んだら、まず題意を定める。設問で問われているのは「理由?」「要因?」「メリット?」「課題?」…という感じである。題意を定めたら、題意に基づいて答案の型を決め(例えば、題意が理由であるとわかったら、「理由は~である。」)、問題用紙の設問文の横に書いてしまう。そうすることで、「問われたことに対して答えていない」という最悪の状況を回避できる。


②制約条件を確認する

受験生の答案がある一定方向に収束するよう、試験委員は設問に「何を書くべき」か、「何を書いてはいけない」といったヒントを散りばめている。これは言わば答案作成においてあなたが厳守しなければいけない条件であり、筆者はこれを「制約条件」と呼んでいる。
制約条件はわざわざ試験委員が準備している条件なので、設問文からそれをしっかりと読み取り、「何を書くべきか」「何をかいてはいけないか」をしっかりと見定める。
なお、与件文に書かれていないヒントが設問文に書かれていることもあるため、設問文も「与件文の一部」だと思ってしっかり読むこと。
また、小問が設定されている場合(例えば、第1問(設問1)のような出題がされた場合)で、かつ第1問という大問そのものに設問文が書かれている場合は、大問そのものに記載されている設問文は(設問1)(設問2)・・・といった小問すべてにかかるので、各小問に取り組む際には必ず大問に書かれている内容に都度戻ってしっかり読んでから、問題にとりかかること。


③仮説を立てる。

設問文から読みとれる範囲で仮説を立てる。仮説を立てる目的は、与件文を読みに行ったときに解答の根拠に気づきやすくするためである。つまり、「人間は直前で想起した内容と類似のものが視覚に入ると引っかけやくなる」という特性があるため、それを利用するという技である。
なお、この時点で「各設問に書かれている特有のワード」にはしっかり着目しておきたい。この特有のワードをリンクワードとして意識することで、与件文との対応付けの精度が上がると共に、解答の根拠を見つける速度も上がる。与件文を読みに行く前に、リンクワードをしっかりと脳に刻んで、与件文を読みに行った際にはリンクワードに敏感に反応できるような状態を無意識でベルで実行できるように訓練してほしい。


本記事に関しては、以下の過去記事で復習できるので、一度確認してみてほしい。

【2次試験】答案作成のステップ総点検 ~設問文を読む①

【2次試験】答案作成のステップ総点検 ~設問文を読む②



以上で「【1】設問を解釈する」に関する説明は終わりである。



直近の試験である平成29年度2次試験の試験傾向と見ると、過去問と同じような問われ方をされる問題と、過去問では問われたことのないような問われ方をされる問題とがある。
※これは平成29年度の2次試験に限らず、毎年そうなのだが…。

平成29年度の事例Ⅰでは後者の設問が多かった(例えば、「最大の要因」「経営体制」「戦略的メリット」「リスクの可能性」等がそれに該当する)。


過去問と異なった問われ方をすると題意を定めることが難しくなるため、焦る受験生も多い。


しかし与件文をしっかり読むと、おぼろげながらに何を問うているかが見えることも多い。


過去に問われたことがないような設問文が出題されても焦ることがないよう、自己学習の過程でしっかりと対策を講じておいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR