FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【キャリア】現在の仕事はどんな感じですか?

今回の記事は、診断士試験のことではなく、現在のあなたの仕事に関して書こうと思う。



中小企業診断士資格に接点を持つ人の多くは、何かしらの組織に属して仕事をしていると思う。




これから中小企業診断士を受けようと思っている、受けるかどうかまだ悩んでいる人の多くは、現在組織に属して仕事をしていることだろう。



中小企業診断士資格の取得を目指して勉強している受験生であれば、組織に属して仕事をしながら、スキマ時間を見つけて勉強をしていることだろう。



中小企業診断士試験に合格した人の中でも、組織に属しながら企業内診断士としてキャリア形成を図っている人が多いことだろう。




それぞれ立場こそ異なるものの、1つだけ共通して言えることがある。



それは


”中小企業診断士”に関連することに従事している時間よりも、組織内で仕事をしている時間の方が長い


ということである。



以上の特性を鑑みれば、長い時間従事している仕事を適切にマネジメントすることは、様々な面(時間の面、精神の面等)であなたにとって重要なファクターであると言える。





ところで、あなたの現在の仕事はどうであろうか?うまくいっているだろうか?



うまくいっている人もいれば、うまくいってない人もいることだろう。




前者の人は仕事は万事順調ということなので、問題はなかろう。今回の記事は後者の人に対してお届けしようと思う。





筆者自身は仕事を進める上で様々な課題はあるものの、現在は概ね満足できるパフォーマンスを出せていると自己評価している。



とはいえ、筆者もこれまでのキャリアが順風満帆であったかと言えばそんなことはない。



・毎日徹夜続きで自分の時間が確保できず、「さすがにシンドイなぁ」と思った時もあった。


・自分の考えているキャリアプランとマッチしない仕事を任され、「俺はこんなことやるためにこの会社に入ったんじゃないんだが…」などと思った時もあった。


・自分の能力以上の責任あるタスクを任されてプレッシャーに押しつぶされそうになり、逃げたくなった時もあった。


・どうしようもない上司の配下に入ったことにより自分の能力を発揮できず、実績が出せなかった時もあった。
※筆者は物事がうまくいかないときにはあまり他責にしない主義なのだが、この上司だけは「明らかに自分のせいではない」と思えるほどどうしようもない人間だった。



ひょっとすると、現在のあなた自身が上記のようなシチュエーションに置かれているかもしれない。



もしあなたが仕事がうまくいってないと思っているのであれば、以下のツイートを思い出してほしい。



これはあなたも経験済みだと思うが、


キャリアは計画的に形成できる部分よりも、偶然形成されてしまう部分の方が多い


と筆者は考えている。



当然と言えば当然である。




あなたは組織に所属して仕事をしている。


組織はあなたの希望・思惑だけでは動かない。


なぜならば組織は特定個人の都合ではなく、あくまで組織の都合で動くためである。


つまり、あなたが組織に属している以上、組織都合の前であなたの希望・思惑は無力となるケースの方が多くなるのである。
※厳密に言えば、周囲を黙らせるくらいの実績を出すことができると発言力と裁量権が拡大するので、自分で計画できる範囲を拡大させることも可能である。しかしそうであったとしても、外部環境が急速に変化する以上は偶然的要素は0にはならないだろう。


しかしあなたはそこで諦めてはいけない。


さきほどのツイートの内容を認識して仕事に臨むのとそうでないのとでは、その後のあなたのキャリアに大きな差が出る。



なぜならば、


今の仕事がやりたくない、うまくいってないと感じたとしても、後になってそれが役立つということを認識していれば、目の前の仕事に対するモチベーションを少しでも高めることができるため


である。



さきほど挙げた「筆者の仕事でうまく行かなかったこと」の例は、今振り返ってみると筆者のキャリアにとってどれも欠かせないものであった。



ざっくり言えば、以下のような感じである。


・毎日徹夜続きで自分の時間が確保できず、「さすがにシンドイなぁ」と思った時もあった。

→「火事場の〇〇力」というものがビジネスの場でも発揮できること、どれくらいの徹夜でパフォーマンスが低下し、どれくらいの仮眠を取れば再度仕事に取り掛かれるのかのサイクル等を実体験を通じて確認できた。


・自分の考えているキャリアプランとマッチしない仕事を任され、「俺はこんなことやるためにこの会社に入ったんじゃないんだが…」などと思った時もあった。

→多様な規模・業種のクライアントから多様なコンサルティングテーマを受ける環境にいると、過去に従事したことはどこかで必ず使うものだと思った方が良い。意外なところで意外な経験が活きて、それがクライアントをハッとさせることがある。筆者はたまに「マジコンさんはコンサルのカバー範囲が広いですね」「よく我々の気持ちがわかりますね」とクライアントに言われることがあるのだが、それは過去に筆者自身がやりたくないと思っていた仕事の経験の蓄積を源としている場合も多い。


・自分の能力以上の責任あるタスクを任されてプレッシャーに押しつぶされそうになり、逃げたくなった時もあった。

→この時から怖いものがなくなった。他者と対峙する際に、相手がどんな立場の人間であろうと、どれだけ年齢が上であろうと、どれだけ知識が豊富だろうと、どれだけ多くの人数がいようと、今となってはほとんど緊張しなくなった(無論、適度な緊張感は保つようにマネジメントしている)。


・どうしようもない上司の配下に入ったことにより自分の能力を発揮できず、実績が出せなかった時もあった。

→どうしようもない上司の配下でマネジメントされたことで、現在自分がマネジメントの立場として「やっていいこと」と「やってはいけないこと」の区別が明確にでき、自身のマネジメントに活かすことができている。



現在あなたが仕事に対してマイナスに感じていることが、あなたがマジなコンサル診断士になった時にとてつもない武器になっている可能性は高い。


あなたにはぜひ前向きに目の前の仕事に臨んでほしいと思う。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR