FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~日程計画

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、(久しぶりの)運営管理の過去問チャレンジ!



とその前に…。





この過去問チャレンジの企画は、1次試験突破を目指すあなたのためになっているのだろうか?



なぜ筆者がそのように感じるかと言えば、これまで過去問チャレンジを投稿した際は、他の記事を投稿した時よりにほんブログ村バナーの(記事最下部にある”中小企業診断士試験”と書かれたバナー)ポチが少ないからである。
※本ブログは2次試験の記事は非常にポチが多く筆者も気分が良いので、どうしてもそちらを贔屓したくなってしまう(現在はその気持ちを抑えて1次記事を投稿しているが…)。



いつも申し上げている通り、ブログ村バナーのポチは筆者が本ブログを継続するモチベーションに大きく影響するものである。また、そのポチの数で筆者は記事のニーズを把握するようにしている。


もし今回の記事であまりポチがなければ、過去問チャレンジの連載はニーズがあまりないものと判断し、今後は計画的に縮小していこうと考えている。


なお、その場合に現時点では代替の連載を行う予定はないため、当面は投稿頻度をそのまま減少させる想定である。


逆に、もしあなたにとって過去問チャレンジの連載が意味のあるものだと思うのであれば、大変お手数だが記事最下部の”にほんブログ村バナー”をポチっとお願いしたい。




さて前置きが長くなったが、さっそく運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
工場における製品や部品の生産量と生産時期を定める日程計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。(平成25年度運営管理 第11問)

(ア) 小日程計画は一般に、作業者や機械などの稼働率の最大化、仕掛在庫量の最小化などを目的に作成される。
(イ) 大日程計画は一般に、将来必要とされる設備能力、作業者数、資材量などの算定に用いられる。
(ウ) 大日程計画は一般に、月単位の各工場の生産計画を作成することから、月度生産計画と呼ばれることもある。
(エ) 日程計画は一般に、大日程計画、中日程計画、小日程計画に分けられる。




















(解説)
日程計画に関する問題である。日程計画=生産計画なので、生産計画のJISの定義を確認すると、「生産量と生産時期に関する計画。 備考 大日程計画、中日程計画、小日程計画に分けられる。大日程計画は、日程に関しマスターとなる長期の生産計画であり、月別の生産量を決める。中日程計画は、その計画に基づき部門別の生産予定を決める。小日程計画は、日々の作業予定を決める。(JIS)」と定義されている。

以上の定義を踏まえれば、日程計画は以下のように分類・整理できる。

■大日程計画
日程に関しマスターとなる長期の生産計画であり、月別の生産量を決めること。
 →目的は人員計画、設備計画等で、計画期間はおおよそ1年程度

■中日程計画
大日程計画に基づき部門別の生産予定を決めること。
 →目的は部品材料や人員の手配、外注計画、負荷計画等で、計画期間はおおよそ1ヵ月~6か月程度

■小日程計画
日々の作業予定を決めること。
 →目的は作業実施計画(どの工程のどの機械で誰が加工するのかというレベルの計画)、外注手配、作業手配等で、計画期間はおおよそ1日から1週間程度


以上の前提知識があれば、本問題には十分対応可能だろう。


以下、各選択肢を検証する。

ア:特に違和感はない。上記の解説をご確認いただくとわかる通り、本選択肢の内容は小日程計画に該当する。中日程計画をベースに、稼働率の最大化や仕掛在庫量の最小化等を目的として詳細な計画が立案される。

イ:特に違和感はない。上記の解説の通りである。

ウ:「月単位の各工場の生産計画を作成することから」まで読んだ時点で、これは中日程計画に関する記述であることに気づいたあなたは、その感覚でOK。大日程計画が計画期間およそ1年であること、小日程計画は1日単位の計画であることから、「月度生産計画」というワードを元に、本選択肢が中日程計画を説明している点に気づきたいところである。本選択肢は誤りなので、これが正解選択肢である。

エ:特に違和感はない。


以上より、正解はウである。

(解答)
(ウ)


ちなみにこの大日程計画、中日程計画、小日程計画は何も運営管理にその使途が限定されるわけではない。

なぜならば、大きい所からざっくり計画をして、それをベースに計画を段階的に詳細化するというアプローチは、あらゆる計画で用いられるからである。


例えば、建設業の企業がビルを建てる時も、IT企業がシステム開発をするときも上記のアプローチで計画立案を行う。


無論、あなたの中小企業診断士資格取得に向けた学習計画も同様である。


実際、筆者は受験生時代に学習計画を大日程、中日程、小日程で作成していた。


このように、1次試験の勉強で学んだ知識をその世界固有のものとして捉えるのではなく、あなたの日常と対照して実際にどのようなシーンで使えるか(これはコンサルのシーンに限らず)という観点で理解すると、試験で応用がきくことはもちろん、実務でも使える知識となる。


ぜひ意識してみてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR