FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【全読者対象】今の自分を一度受け入れてみる

中小企業診断士試験は非常に範囲の広い試験である。


1次試験は7科目もあるし、理解すべきこと、暗記すべきことが盛りだくさん。


2次試験は模範解答が存在しないし、今の自分の勉強の仕方が正しいかどうかになかなか確信を持てない。




このような試験に対する勉強なので、あなたはきっとこのようなことを思うだろう。



「こんな知識知らないよ。ここまでこの試験は求められるのか。本番で出たらどうしよう…」


「この内容は勉強したのに解答を間違った。なんて俺(私)は記憶力が悪いんだ…」


「こういう風に解こうと決めていたのに、いざ問題を解き始めたらすっかり忘れててパニックになったよ。俺(私)はなんてダメなやつなんだ…」





中小企業診断士合格tという目標を掲げ、日々なんとか時間を捻出して勉強をしているあなたである。


きっと自分に厳しい人なので、上記のように自分を責めることも多いだろう。




そんな時は、筆者の以下のツイートを思い出してほしい。


上記は論語の格言である。



「知らないことを知らないと認識すること、これが本当の”知る”ということである」という意味であると筆者は理解している。
※厳密に言えば、論語には「之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為す。是れ知るなり。」と書かれている。その意味は「知っていること知っていることと認識し、知らないことを知らないとはっきり認識すること、これが本当の”知る”ということである」となる。簡単に言えば、「知っていることと知らないこととを区別できることが本当の”知る”ということである」という内容となる。



知らないことを知らないままでいたら、あなたがそれを知るチャンスを手に入れることは極めて困難である。


なぜならば、「知らないことを知らない」以上、それを知ろうする契機そのものが存在しないからである。




一方で、知らないことをあなたが自分自身で認識したのであれば、あなたは新たに「知らないことを学ぶチャンス」を得たことに他ならない。


なぜならば、「知らないことを知った」ので、それを契機として(あなたが必要と思えば)あなたはそれを知ろうと思うからである。




あなたは今日も勉強する過程で、「知らないことを知る」場面に出会うかもしれない。


そんな時は今の自分を一度受け入れてみてはどうだろうか?



いつものように知らないことをネガティブに考えるのではなく、


「知らないことを知ることができてよかった」


と捉えることで、きっと前向きに勉強を進めることができるはずである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly>

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR