現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【キャリア】コンサルタントしてValueを出すために(中編)

今回はマジなコンサル診断士を目指す読者のためのキャリアに関する記事である。


【キャリア】コンサルタントしてValueを出すために(前編)」では、Valueを出せるコンサルタントに成長するための以下のフローをお示しした。
成長するためのフロー


今回の中編として、その続きのお話をしようと思う。




前編で、「クライアントはあなた自身をアウトプットで判断する以外に方法がない」ことをお伝えした。



つまり、コンサルタントとしてValueを出すためには、あなたはそれだけのアウトプットをクライアントに対してできるだけの知識・思考力を身につけなければならない。





では、「ぞれだけのアウトプット」とはどれだけのものなのだろうか?



「そもそもコンサルタントの仕事とは何か?」ということを考えてみると、辞書的な意味で言えば、


「企業の経営課題を明らかにし、解決するための助言・アドバイスをすること」


となる。




以上の定義を踏まえれば、コンサルタントのアウトプットは


・企業の経営課題を明らかにするものである必要がある

・企業の経営課題を解決に導くものである必要がある



ことがわかる。




なるほど、これで合点がいく。



あなたが中小企業診断士であれだけ多くの科目を勉強している(勉強してきた)理由は、


「企業の経営課題を明らかにして、それを解決に導くための内容」をクライアントに対してアウトプットするため


ということである。




「マジコンは何を今さら言っているのだ?」を思われるかもしれないが、非常に大事な大事なことである。



なぜならば


自分のアウトプットした内容に自己陶酔して満足してしまっているだけのコンサルタントをかなり見かける


からである。




まあ、コンサルタントのアウトプットはそれなりの勉強や分析をベースに成り立つものなので、


「今日のこの資料はきれいにまとまったなぁ」

「今日の俺(私)のプレゼンはイケてたなぁ」


などと思うくらいはよかろう。



何も筆者は「雑念に煩わされない聖人になりましょう」等ということをあなたに伝えたいわけではない。



コンサルタントとしてアウトプットする際にあなたに強く意識していただきたいことは、


アウトプットの先をきちんとイメージすること


である。


つづく


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR