現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

★2次事例Ⅲにも通ず 【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~その他生産方式に関する事項(後編)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


今回も選択肢が2次試験事例Ⅲの答案に活用できる可能性がある”★2次事例Ⅲにも通ず”バージョンでお届けする。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
生産現場で行われる改善施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。(平成29年度運営管理 第20問)

(ア) 機械設備の稼働状況を可視化するために、「あんどん」を設置した。
(イ) 「シングル段取」の実現を目指して、内段取の一部を外段取に変更した。
(ウ) 品種変更に伴う段取り替えの回数を抑制するために、製品の流れを「個流し」に変更した。
(エ) 部品の組み付け忘れを防止するために、部品の供給棚に「ポカヨケ」の改善を施した。




















(解説)
製造現場で行われる改善施策に関する問題である。

今回も製造現場で行われる改善施策に関して、試験委員が自ら「これは正しい施策なんだよ」とわざわざ示してくれているものなので、2次試験合格を目指す読者もぜひ確認いただきたい。


それではさっそく各選択肢を検証していく。


その前にちょっと補足を。


前回の過去問チャレンジ(コチラ)の選択肢も同様なのだが、各選択肢が「~するために、…した。」という文になっている。


この文の形からわかることは、

「~部分」と「…部分」とが「果←因」の因果関係になっている

ということである。


なぜならば、「~部分」は目的、「…部分」は(目的を達成するための)手段であり、手段と目的は「手段(因)→目的(果)」の関係にあるからである。


この文の形を知っておくことは、1次試験はもちろん、2次試験においても有効なのでぜひ覚えておいてほしい。


ア:特に違和感はない。あんどんは、工程で発生した異常を他者に知らせるためのランプであり、目で見る管理活動として機能するものである。あんどんが点灯した場合は、不良品を作り続けることを防止するためにラインを停止させることになる。この内容を踏まえれば、選択肢「機械設備の稼働状況を可視化する」という目的を達成する手段として適切なので、〇。


イ:一見わかりにくいが、冷静に読めば難しくない。前回の過去問チャレンジ(コチラ)で説明した通り、シングル段取は機械設備の停止時間が10分未満の内段取、外段取作業は機械設備を停止しないで行う段取作業、内段取は機械設備を停止して行う作業であった。以上の知識を踏まえれば、「シングル段取の実現を目指して、内段取の一部を外段取化する」ということは何ら問題ないだろう。
内段取りを全部外段取化すれば、文字通り完全な「内段取の外段取化」である。一方で「内段取の一部を外段取化」ということであれば、完全な外段取化とまでは言えないものの、段取時間を短くできるという意味で「シングル段取」の実現を目指すことはできるということになる。ゆえに〇。


ウ:1個流しとは「1個を加工したら次工程に送る製造方式で,工程間に仕掛りを作らず 1個ずつ流す生産方式(JIS)」である。つまり、1個流しの生産ラインにおいては、仕掛品在庫は「加工している」「移動している」のいずれかの状態以外はあり得ないということになるため、工程間の滞留在庫や手待ち時間防止に寄与するものである。その意味で言えば、段取替えの回数抑制とは関係ないため、×。本選択肢が正解である。
なお、段取替えの回数を抑制する方法としては、ロットサイズを大きくすればよいということになる。但し、これだけ市場ニーズが多様化して小ロット化が進む中で、ロットサイズを大きくして段取り回数を削減するというのは在庫リスクも高く、いかがなものかということもあろう。ゆえに、取り組みの優先度(順序)としては、「段取り替え時間の短縮(内段取の外段取化、シングル段取化)」 →「段取り回数の削減」がベターだろう。


エ:特に違和感はない。ポカヨケに関しては、前回の過去問チャレンジ(コチラ)で説明済みである。ゆえに〇。



以上より、正解はウである。

(解答)
(ウ)


本過去問に書かれている選択肢に関しても、2次試験事例Ⅲで事例企業に対して改善施策として提案できるくらいに理解をしておいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR