現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】学習計画の進捗状況

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


筆者は過去記事「【1次試験】1次試験の学習計画」で、1次試験の突破に向けたマジコン流の概要学習計画をお示しした。



具体的には以下の通りである。

1次学習計画



上記計画は、2018年度1次試験に7科目突破を目標年、かつ9月に診断士試験の学習に着手した場合のものである。


実際には、2018年度を科目受験する受験生だったり、診断士試験の学習着手がもっと遅い受験生もいるだろう。


それらの受験生は、上記計画をご自身の目標や実態に合わせてプランニングする必要がある。




さて、ここであなたに確認である。


上記概要計画を元にあなた自身の大日程計画と小日程計画を立案し、PDCAサイクルをきちんと回せているだろうか?




もしこの作業をあなたが行っていないということであれば、早急に計画立案に着手すべきである。



なぜならば、


1次試験本番から逆算した学習計画とその実績対比分析がなければ、計画したことを確実に実行できているかの検証ができない


からである。



1次試験突破に向けての学習進捗度を測る観点として、筆者は以下の2つがあると思っている。

①目標から逆算した学習計画と実績との対比(To-Do消化の観点)
②答練や模試における目標得点と実際の得点との対比(実力測定の観点)



上記2つの観点におけるポイントは、


①の実行の結果として②がある(①→②の因果関係)が存在)


ということである。



もっと簡単に言えば、


「やるべきことを予め定めて実行(①)」し、その結果「試験突破の実力にあるかを検証②」して、更なる実行に繋げる


という関係にあるということである。


もし仮にあなたが②の観点でしか検証していないとしたら、検証後の学習をどのように進めればすればよいかの尺度もなければ、あなた自身が取り組んできた学習そのものが正しい方法だったのかどうかを知る術もない。


つまり、


学習計画なしの勉強は場当たり的であり、あなた自身のカイゼンにつなげられない


のである。




自身のあるべき(ありたい)姿を設定して戦略・戦術を立案し、目標を定めてそこから逆算した計画を立てて粛々と実行。そして最適なタイミングで計画・実績対比に基づく問題点分析&課題設定をして、次のアクションにつなげる。



企業であれ人であれ、上記サイクルは未来にあるべき(ありたい)姿になるための基本的なステップである。



あなたは将来、クライアント企業をあるべき(ありたい)姿に導く役割を果たし、社会に貢献することを目指しているはずである。



そうであるならば、


まずはあなた自身が基本的ステップをしっかりと実行して成功体験を積む必要があるのではないのか?




思い付きの場当たり的対応で物事に向き合うコンサルタントに対して、クライアントは安心して自身の会社の運命を託すだろうか?


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR