マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【キャリア】経営コンサルティングのアプローチには2種類ある(前編)

今回の記事はキャリア編として、あなたが経営コンサルタントとして活躍するために極めて重要なポイントをお伝えしたい。



これは筆者のコンサルティング経験を踏まえた私見なのだが、経営コンサルティングのアプローチには大きく2種類あると考えている。




それは、


「即意思決定して即実行する課題解決アプローチ」



「慎重な意思決定に基づいて実行する課題解決アプローチ」


である。





この2つのアプローチを区別せずにクライアント企業の課題解決をあなたが図ろうとしているのならば、それは非常に危険かもしれない。



それはなぜか?


経営コンサルタントがクライアントに提案する課題解決策の中には、「やり直しがきくもの」と「やり直しがきかないもの」があるからである。



前者の課題解決策を経営コンサルタントとしてあなたが提案し、結果としてその解決策が失敗したとしたらどうなるだろうか?


当然、「やり直しがきく」のだから、もう一度やり直せばよいだけである。




では、後者の課題解決策を経営コンサルタントとしてあなたが提案し、結果としてその解決策が失敗ししてしまったとしたら、どうなるだろうか?


こちらは「やり直しがきかない」ということなので、もう一度やり直せばよいというわけにはいかない。


「やり直しがきかない」ということは、その時点でクライアント企業は何かしらの大きな障害にぶつかる可能性が高い。


そして最悪の場合、クライアント企業は倒産に追い込まれる可能性すらあり得るということになるだろう。





今回の記事は、マジなコンサル診断士を目指すああたにとっては恐怖に思えることかもしれない。


もしあなたがそうお感じになられたのであれば、今回の記事を契機に真剣に考えてみてほしい。



「やり直しがきく課題解決策」と「やり直しがきかない課題解決策」を分かつポイントは何か?


ということを。



(後編につづく)


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク