現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【全読者対象】受注生産の特徴

先日の記事(コチラ)の過去問チャレンジとして生産形態を取り上げたが、補足の記事を書こうと思う。


今回は受注生産を取り上げる。


まずJISの定義のおさらいから。


顧客が定めた仕様の製品を生産者が生産する形態(JIS Z 8141-3204)



よりわかりやすく言えば


顧客が定めた仕様の特注品を生産する方式


のことである。




「特注」は「特別注文」の略語。だからこそ、顧客が定めた仕様の品、すなわち「特別注文の品」の受注を受けてから生産する方式ということである。



以上を踏まえると、受注生産には以下のような特徴があることがわかる。


①受注後の生産計画と生産統制が重要となる
 →顧客が定めた仕様の特注品生産のため、受注が発生した段階で生産計画立案し、生産統制をすることになる。


②受注状況次第では操業度が不安定になる
 →生産数量が顧客の意向に左右される。


③完成品在庫は基本的に存在しない
 →顧客からの受注に基づいた数量を生産することになるため、売れ残りが発生しない。


④納期遵守のための進度管理が重要となる
 →受注後に生産するため、受注から納入するまでの期間を短縮することが重要となる。


⑤熟練工を必要とする
 →個々の製品の生産順序や機械の操作が異なるため、作業者は汎用機械を操作できる多能工となる。



以上が筆者の考える受注生産の主なポイントである。


上記特徴は丸暗記しても全く意味がない。


きちんと内容を理解をした上で、自分の言葉で説明できる水準を目指すことが、特に2次試験事例Ⅲを攻略する上でのポイントとなる。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR