現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【キャリア】コンサルタントって楽な仕事?

コンサルタントの仕事とはなんだろうか?


辞書的な意味で言えば、


「企業の経営課題を明らかにし、解決するための助言・アドバイスをすること」


となるであろう。



上記の字面だけを捉えると、あなたはこう感じたりしないだろうか?


コンサルタントはレポート作成してクライアント企業に助言をするだけであり、なんとなく楽な仕事だなぁ


と。




もしコンサルタントに対してこのようなイメージをあなたがお持ちであり、それを動機としてコンサルを目指しているのであれば、以下の筆者のツイートとそのリンク記事をご一読いただきたい。




この記事を読んで、あなたは何を感じただろうか?


「そうだよな。現場と労を惜しまないコミュニケーションもせず、かっこいいレポートを出すだけのコンサルタントはインチキコンサルなんだな!」


そのような意味で受け止めた読者も多いことだろう。


実際のところ、経営者にレポートを提出するだけだったり、偉そうな助言をするだけでクライアント企業から多額のお金を貰っているコンサルタントも多い。
※中小企業診断士にもこのような人は多い。仮にあなたの先輩診断士がここまで記事を読んだら、きっと多くの人が「ドキッ!」とするはずである。



以上を踏まえた上で、筆者があなたにお伝えしたいことは


現場と汗もかかずにレポートを出すだけ、助言をするだけで成果が出せるのであれば、それでもよい


ということである。



この筆者のメッセージングを受けて、それを意外なものとして受け止めた読者も多いかもしれない。



先ほど、筆者はコンサルタントの仕事を「企業の経営課題を明らかにし、解決するための助言・アドバイスをすること」と定義した。



この定義を見ていただければお分かりいただけると思うが、コンサルタントのミッションはあくまで


企業の経営課題を解決すること


である。




その意味で言えば


現場と労を惜しまないコミュニケーションをとることも、経営者にレポートを提出して助言をすることも、経営課題解決のための手段に過ぎない


ことがおわかりいただけると思う。



もちろん、レポートを出すことだけが目的化しているコンサルタントは論外である。
※成果に結びつかないコンサルティングレポートはゴミ以下である。


しかし、現場とコミュニケーションもせずに、経営者にレポートを出すだけ、助言をするだけで成果が出せるのであれば、それでもよいと考えている。



ちなみに筆者はどうかと言えば、以下のツイートから察していただきたい。



本記事を読んだことを契機に、あなたなりのコンサルティングスタイルに関して、今のうちからイメージを膨らませてみてもよいのではないだろうか?


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク