現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】企業経営理論の過去問チャレンジ ~組織形態(1)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。

それではさっそく過去問チャレンジ!

【過去問チャレンジ】
企業の規模や経営戦略、環境条件などさまざまな要因によって、組織が処理すべき情報の量や質が異なるため、それに応じて機能別部門組織(functional organization)、事業部制組織(divisional organization)、マトリックス組織(matrix organization)など、異なる組織構造をデザインする必要がある。これに関して、下記の設問に答えよ。(平成20年度企業経営理論 第11問)


(設問)
機能別部門組織に関する記述として、最も適切なものはどれか。

(ア) 機能別部門組織では、各機能部門が専門機能を基礎に編成されているため、全社的なコントロールを担当する次世代のトップマネジメントを養成することが難しい。
(イ) 機能別部門組織では、高度な分権化が進展しているため、トップマネジメントへの集権化の程度は低い。
(ウ) 機能別部門組織では、それぞれの部門が異なる機能を担当しているため、変化する環境でも部門間コンフリクトが発生する可能性は低い。
(エ) 機能別部門組織の利点は、機能部門ごとの専門化の利益を最大限に発揮できる点にあり、その分、規模の経済は犠牲になる。
(オ) 機能別部門組織は、単一製品-市場分野に進出している企業に採用される傾向が高く、あまり大規模な操業には適さない。




















(解説)
機能別組織(職能別組織)とは、営業、生産、購買、人事、研究開発等の機能別に編成された組織形態である。以下、各選択肢を検証していく。

ア:特に違和感はない。機能別組織では組織が各専門機能ごとに編成されるため、組織構成員が所属組織(部門)に専門化してしまう。そのため、機能よりハイレベルな全社的経営視点でマネジメント可能な人材を養成することが難しくなる。例えば、営業部門長をトップマネジメントに抜擢する際、営業に関しては精通しているが生産に関してよくわからない場合があり、どうしても営業視点に偏ったマネジメントをしてしまうということである(あなたの所属企業でもこういうことがあるだろう)。本選択肢が正解である可能性が高いが、他の選択肢も念のため検証する。

イ:「機能別部門組織では、高度な分権化が進展しているため」まではよいが、「トップマネジメントへの集権化の程度は低い」を読んだ時点で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。機能別に分権化が進んでいるということは、一方でその機能間の調整を誰が図るのかという問題が発生する。例えば、営業部門は「欠品による販売機会損失がないようにちゃんと生産してくれ!」と言う一方で、生産部門は「営業の需要予測精度が低いから欠品になるんだろう!」みたいな感じである。このような状況で機能間の調整が難航した場合どうするかと言えば、大きな権限を持ったトップマネジメントによる調整が必要となる。その意味で言えば、分権化が進んでいるからと言ってトップマネジメントの集権化の程度が低いとは言えない。ゆえに×。なお、製造業のコンサルティングをすると、大概このような製販調整の問題にぶち当たる。

ウ: 「機能別部門組織では、それぞれの部門が異なる機能を担当しているため」まではよいが、「変化する環境でも部門間コンフリクトが発生する可能性は低い」を読んだ時点で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。機能別組織では、組織が機能ごとに専門分化されているため、どうしても自部門内での合理性や効率性を追求しがちになる。そのような特性がある中で環境変化があれば、部門間コンフリクトが発生する可能性は高まる。ゆえに×。

エ:「 機能別部門組織の利点は、機能部門ごとの専門化の利益を最大限に発揮できる点にあり」まではよいが、「その分、規模の経済は犠牲になる」を読んだ時点で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。機能別組織では業務集中による組織効率の向上、すなわち規模の経済が発揮できる。ゆえに×。

オ:「機能別部門組織は、単一製品-市場分野に進出している企業に採用される傾向が高く」まではよいが、「あまり大規模な操業には適さない」を読んだ時点で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。機能別組織は操業の規模に関係なく採用される組織形態である。ゆえに×。


以上より、(ア)が正解である。

(解答)
(ア)


最近の企業経営理論では、「機能別組織に関して最も適切なものを選べ」のようなストレートな問題はなかなか出題されない。その意味で言えば、本過去問は機能別組織の基礎を学ぶ上では最適な教材を言えるだろう。もう一度機能別組織の基礎知識をしっかりと理解した上で、本選択肢の内容を検証し、理解を深めてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク