FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】企業経営理論の過去問チャレンジ ~組織構造の設計原理(1)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。

それではさっそく過去問チャレンジ!

【過去問チャレンジ】
経営組織構造をデザインするには、職務の設計、部門化、コントロールの範囲、指揮命令系統の確保、権限-責任の配分、公式化の程度などを決める必要がある。これらに関する記述として最も適切なものはどれか。(平成17年度企業経営理論 第13問)

(ア) 同じ企業内でも職務によって公式化の程度が異なり、公式化の度合いが高くなると従業員の自由裁量の幅は広くなる。
(イ) 機能別に部門化する方法は、類似の専門能力を持つ人々をひとつの部門に集めることで、範囲の経済性を達成しようとするものである。
(ウ) コントロールの範囲を広くすることによって管理階層をフラットにするには、部下に十分な権限や情報を与えるとともに、問題解決スキルを教育しておくことが重要である。
(エ) 分散処理型の情報システムを導入すると、責任-権限の分権化が進み、指揮命令系統の一元性を維持することが容易になる。




















(解説)
ア:「公式化の度合いが高くなると従業員の自由裁量の幅は広くなる。」で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。公式化とは、簡単に言えば、「組織内の職務や業務が標準化・定型化されていること」である。公式化の度合いが高くなればなるほど、従業員は予め決められた方法で職務や業務遂行ができるため、業務は安定する。しかしそれは同時に、従業員の職務や業務の裁量の範囲が少なくなることを意味する。以上より、「公式化の度合いが高くなると従業員の自由裁量の幅は広くなる。」は明らかに誤りであるため、×。

イ:「範囲の経済性を達成しようとするものである。」で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。機能別分化は業務集中による「規模の経済性」を達成しようとするものなので、×。

ウ:特に違和感はない。管理階層のフラット化(=組織のフラット化)とは、中間管理階層を少なくすることである。管理階層が少なくなれば、指揮・命令や情報伝達階層が減少することになるので、柔軟かつ迅速な意思決定が可能となる。一方で、中間管理層が減少するということは、その分コントロールの範囲(=統制範囲)が拡大するため、権限移譲や十分な情報付与、問題解決スキルの教育が重要となる。恐らく正解だと思うが、選択肢エを確認するため一旦保留。

エ:「指揮命令系統の一元性を維持することが容易になる。」に違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。分散処理型の情報システムを導入すれば、当然責任権限の分権化は進むだろうが、そのことは指揮命令系統の一元性を維持することを困難とするはずである。なぜならば、責任権限が分散することは、指揮命令系統の一元性維持とはトレードオフの関係にあるからである。指揮命令系統の一元性を維持するのがより容易なのは、集中処理型の情報システムの方であろう。ゆえに×。


以上より、(ウ)が正解である。

(解答)
(ウ)


本過去問はかなり昔の問題だが、組織構造の設計原理の基礎を学ぶには良い問題である。ぜひよく復習しておいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR