現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】来年度の2次試験に再チャレンジに向けて

2次筆記試験合格発表から1週間以上が経過した。


きっと本記事をお読みの受験生の中には、結果を受け入れて来年に向けて始動している人もいれば、まだ気持ちの整理がついていない状態の人もいることだろう。



本記事は、あなたが来年の2次試験に再チャレンジするということを前提に進める。


筆者がフォローしている診断士受験生のツイートを見ると、ここ数日で2次試験のABCD判定結果が郵送されているようである。


この状況を踏まえ、筆者は先日以下のツイートをした。


判定結果を見て、それに対する憤りや悲しみ、どうしたらよいかわからない不安がこみ上げてきている受験生も多いと思う。

しかしそんな時だからこそ、来年の2次試験に向けて冷静な自分を持っていてほしいと思っている。


あなたは持てる力のすべてを出して2次筆記試験に挑んだ。

そして今回の2次試験のABCD判定は、答練でも模試でもなく、正真正銘本物の2次試験の採点結果である。


つまり、

来年の2次筆記試験をあなたが本気で通過したいと思うのであれば、この結果を徹底的に分析した上で課題を抽出し、その課題解決に向けた学習計画を立てる必要がある

のである。



具体的な作業ステップは以下の通りである。


【作業ステップ】

①得点開示請求をする(早めにすることをおススメする)。

②ABCD判定を受け、自身の感触と実際の結果とのGAPを認識する。

③事例Ⅰ~事例Ⅳの自身の再現答案に対して、試験委員になったつもりで自己採点をしてみる。

④自己採点した結果とABCD判定が一致していることを確認する。もし不一致ならば、ABCD判定結果と一致するまで自己採点結果を調整・最終化する。

⑤得点開示請求結果と自己採点結果を照合し、GAPを認識する。

⑥GAPが生じた原因を分析し、得点開示結果と一致するまで自己採点結果を調整・最終化する。

⑦⑥に基づき、自身の課題と課題解決に向けた計画を立案する。



以上の作業をあなたがしっかりと行うことで、きっとあなたには来年の2次試験に活かせる「何か」が見つかるだろう。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク