現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】企業経営理論の過去問チャレンジ ~研究開発組織


【ご連絡】
ブログアンケート実施中です。お手数ですが、ご協力をお願いいたします(詳細はコチラから)。
※以下の画像をクリックすると、アンケートサイトへ飛びます。
【アンケートサイト】
※以下のアンケートサイトの画像をクリックすると、アンケートサイトに飛びます。
マジコンアンケート





<以下、本編>


今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。

それではさっそく過去問チャレンジ!

【過去問チャレンジ】
企業は技術の発展にともなって、しばしば研究開発組織をダイナミックに組み替えたり、研究開発の仕組みに工夫をしている。そのような状況に関する記述のうち、製品開発戦略の展開に結びつく研究開発組織のあり方として、最も不適切なものはどれか
(平成22年度企業経営理論 第4問)

(ア) 技術ごとの機能分化が進み過ぎたので、市場が求める製品のニーズに沿って技術部門を再編するとともに、営業部門との協議を開くことにしている。
(イ) 技術的に複雑な製品が増えてきたので、プロダクトチームのほかに技術分野ごとの機能別チームを再び編成し、開発段階に沿って機能別チームがプロダクトチームと連携することにしている。
(ウ) 製品開発のプロジェクトリーダーには、専門的な技術知識とともにチームをまとめるマネジメント能力や人間性を重視して任命している。
(エ) 製品ごとに開発担当者をおき、その下に開発チームを編成し、開発が終わった段階で担当者及びチーム参加者は解散することにしている。
(オ) 中央研究所を見直して担当を開発研究に絞り込み、外部と取引や技術交流のある生産技術部門や営業部門に基礎研究を移管している。




















(解説)
ア:特に違和感はない。技術ごとの機能分化が進むと、技術的専門性は高まる一方で、市場感覚を失って市場が求める製品ニーズに対応することが困難となる可能性がある。そのような場合、技術機能ごとに分化された組織から市場の製品ニーズごとに分化された組織へと再編すると共に、営業部門との協議を開くことで、市場対応力を強化できるだろう。ゆえに〇。

イ:特に違和感はない。技術的に複雑な製品が増えてきたのであれば、それに対応するために、プロダクトチームに加えて技術分野別機能別チームを編成し、開発段階に沿って両チームが連携する施策は有効であろう。ゆえに〇。

ウ:特に違和感はない。プロジェクトをリードするプロジェクトリーダーは、専門的な技術知識が豊富なだけでは務まらない。多くのプロジェクトメンバーをまとめるマネジメント能力や人間性も重視して任命する必要があるだろう。ゆえに〇。

エ:特に違和感はない。本選択肢はプロジェクト型の開発組織を指している、プロジェクトの特徴の1つに「有期性(=期間が決まっている)」がある。プロジェクトが有期である以上、開発終了とともに開発組織は解散することとなる。ゆえに〇。

オ:基礎研究とは、「特別な応用、用途を直接的に考慮することなく、仮説や理論を形成するため又は現象や観察可能な事実に関して新しい知識を得るために行われる理論的又は実験的研究」のことである。一方、開発研究とは、「基礎研究、応用研究及び実際の経験から得た知識の利用であり、新しい材料、装置、製品、システム、工程などの導入又は既存のこれらのものの改良をねらいとする研究」のことである。以上の特性を鑑みた場合、基礎研究機能、開発研究機能をそれぞれ中央研究所、生産技術部門・営業部門のいずれにに配置すればよいかは明らかだろう。基礎研究機能は中央研究所へ、開発研究機能は生産技術部門・営業部門に配置すべきである。ゆえに、本選択肢は基礎研究と開発研究が逆なので×。


以上より、オが正解となる。

(解答)
(オ)


本設問は基礎研究と開発研究の違いをきちんと理解していれば正解できる問題である。本設問を通じて、基礎研究、応用研究、開発研究の違いに関して、もう一度復習しておいてほしい。


「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR