FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【読書をしましょう】あなたの強みを判定し、それを活かしましょう


【ご連絡】
ブログアンケート実施中です。お手数ですが、ご協力をお願いいたします(詳細はコチラから)。
※以下の画像をクリックすると、アンケートサイトへ飛びます。
【アンケートサイト】
※以下のアンケートサイトの画像をクリックすると、アンケートサイトに飛びます。
マジコンアンケート





<以下、本編>

今回の記事は「読書をしましょう」である。


先日の記事「【全読者対象】キャリア戦略を立案しましょう」で、「自分自身のSWOT分析を通じて、キャリア戦略を立案する」ことをご提案した。


どうだろうか?きちんと実践いただいただろうか?


今回の記事では、あなたが自分自身のSWOTクロス分析を実施いただいていたことを前提に話を進めていきたい。


あなたがご自身のSWOTクロス分析を実施する過程で直面した問題として、


「自身の強みが見つからない」


ということはなかっただろうか?



以前、筆者は以下のツイートをした。


一般的には誰しもが、「強みを過小評価して弱みを過大評価する」ような特性があると思っている(よほど自分に自信がある人は別だが…)。

もしこの特性があなたにも当てはまるのであれば、あなたの内部環境分析においては、強みの数が少なく、弱みの数が多く出ているはずである。

筆者はクライアント企業のコンサルにおいて、このSWOTクロス分析のフレームワークを活用した戦略立案を研修形式で行うサービスを提供することがあるのだが、その際にクライアント企業の出席者もまったく同様の状況(つまり、弱みの数が強みの数に比べて圧倒的に多い)ということが発生する。


さて、あなたが今後マジなコンサル診断士として活躍する上で、その最大のキーポイントとなる「強み」は、やはり1つでも多く抽出しておきたい。

今回はそのあなたの強みを抽出するのに最適な書籍をご紹介する。

それは以下の書籍である。



筆者が上記書籍を知ったきっかけは、かつて属していたコンサルファームで、上司が「この本を買って判定結果を報告しろ」と言われたことである。

この書籍、単なる本ではない。

なんとWeb形式のアセスメントを受けることができるようになっている。このWeb形式のアセスメントを受けると、34タイプの資質の内、あなたの強みとなる資質の上位5つをあなたに示してくれ、それらの資質に関するレポートをPDF形式で提供してくれるアセスメントである。

書籍では、強みをどのように行動に活かしていけばよいかという指針が34タイプ別に書かれているので、あなたはアセスメントを通じて判定された5つの強みとなる資質の部分を読み、アクションにつなげていけばよいということである。
※上記書籍に関する注意点
・注意点①:Webテスト用のIDは1書籍当たり1回のみ利用可能なので、新品購入するようにしてください。
・注意点②:レポーティングされるのは34タイプの内上位5タイプの資質だけである(Webサイト上で追加料金を払えば、他の29の資質の順番もわかるらしい。なお、筆者は追加料金を払っていないので、上位5つの資質しか見ていない)。


ちなみに筆者がアセスメントしたところ、以下の5つの資質が抽出された。

1位:学習欲  
  ⇒学習意欲が旺盛という特性。
2位:親密性
  ⇒他の人と緊密な関係を楽しむという特性。
3位:戦略性
  ⇒混乱をかき分けて最適な道順を見つけるという特性。
4位:個別化
  ⇒1人1人のユニークな個性に興味をそそられ、それを理解する特性。
5位:内省
  ⇒頭脳活動を好む特性。


正直、筆者に関しては自分でもびっくりするくらいに当たっていると思う。
※筆者が経営コンサルタントという仕事が好きで好きでたまらないという理由は、上記の5つの特性を見ていただいてもご納得いただけるのではないかと思う。



本書は、今後診断士資格取得を契機に転職等を検討している読者においては、自己分析の材料としても活用できるだろう。

このように、今回ご紹介した上記書籍は、あなたの強みを活かしていく上でのきっかけになる書籍だと思う。ぜひ購入し、ご自身で強みの判定を行い、アクションに起こしていただきたい。



「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
上記の書籍は数年前に購入し、判定したことがあります。
その結果は
1位 慎重さ
 ⇒用心深く、決して油断しない、という特性
2位 回復志向
 ⇒問題を解決することが大好き、という特性
3位 着想
 ⇒着想に魅力を感じる、という特性
4位 調和性
 ⇒同意点を求める、という特性
5位 適応性
 ⇒今この瞬間が最も重要と考える、という特性
でした。

あまりコンサルとしての強みを感じませんね(汗)

Re: No title

とくべいさん

コメントありがとうございます。数年前に判定されたのですね。

とくべいさんの特性を拝見すると、コンサル向きの強みはあるように感じます。

まず、1位の慎重さですが、経営者にも慎重型の方とそうでない方がいらっしゃいます。前者であれば波長が合うでしょうし、後者であれば歯止めを聞かせる役割でバリューを出せると思います。

2位の回復思考に関しては、言わずもがなコンサルに必要な資質ですよね。経営課題や問題の解決がコンサルの仕事ですから。

3位の着想は非常に強みになると思います。意外に思われるかもしれませんが、コンサルって論理重視になるので、クリエイティビティが要求される新規事業等の発想力は一般的にあまり強くありません。その点で、とくべいさんが市場のコンサルと差別化する上では、この着想をさらに伸ばすとよい気がします。


とくべいさんに関しては、「着想を活かして浮かんだアイデアに対して、どのように慎重さとのバランスを取っていくか」という点に非常に私は興味があります。もしその点で今後のご経験等で気づきや考察がありましたら、教えていただきたいです。


マジコン診断士



> おはようございます。
> 上記の書籍は数年前に購入し、判定したことがあります。
> その結果は
> 1位 慎重さ
>  ⇒用心深く、決して油断しない、という特性
> 2位 回復志向
>  ⇒問題を解決することが大好き、という特性
> 3位 着想
>  ⇒着想に魅力を感じる、という特性
> 4位 調和性
>  ⇒同意点を求める、という特性
> 5位 適応性
>  ⇒今この瞬間が最も重要と考える、という特性
> でした。
>
> あまりコンサルとしての強みを感じませんね(汗)
プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR