FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【読書をしましょう】仮説思考を身につけましょう

今回の記事は「読書をしましょう」である。

前回の「読書をしましょう(コチラ)」で紹介した「人を動かす」は、コンサルタントに必要なスキルの中でも最も重要だと考えている。今回は「人を動かす力」と同じくらい重要だと考えているスキルであるを学ぶのに最適な書籍を紹介する。


書籍を紹介する前に、以下の筆者のツイートをご覧いただきたい。







以上のツイートを見ていただくと、いずれのツイートにも「仮説思考」という言葉が出てきていることがおわかりいただけるだろう。


経営コンサルタントに問題解決力が求められることはあなたもよくご存じだろうが、そこには1つ大きな制約条件がある。

それは、

問題解決までの時間は決して無制限ではない

ということである。


これだけ環境変化の速度が速い時代になると、クライアントからコンサルティングを依頼された時点からも、外部環境は刻一刻と変化していく。そのような環境下において、チンタラ問題解決をしていたら、その間にクライアント企業は競争劣位になってしまう。つまり、経営コンサルタントには限られた時間の中でスピーディーに問題を発見し、スピーディーにベストな解を探す能力が求められるのである。

そのために必要なのが仮説思考というわけである。


これで筆者がなぜ「仮説思考」という言葉を頻繁にツイートするのかをこれでご理解いただけたであろう。

それは

経営コンサルタントには無意識レベルで仮説思考を行うことが求められるため

である。


若手コンサルに対して、「仮説設定はしたのか?」「この問題点はどのような仮説に基づいて設定したのか?」「その仮説は論理的に正しいのか?」という言葉を筆者は毎日のように浴びせている。経営コンサルタントにとって、仮説思考というのはそれほど自然な思考方法なのである。例えれば、呼吸をするくらい自然に行えるようになることが理想である(少し大げさかもw)。


仮説思考を学ぶのにあなたに最適な書籍は以下である。




筆者自身がコンサル1年目の時に、先輩コンサルから最初に読むように言われた書籍である。最近でこそ読む頻度は少なくなったが、若手コンサルの時には必要に応じて何回も読んだ書籍である。仮説思考に関しては、この書籍で決まりだと筆者は思っている。


あなたが診断士試験に合格すると、その後に実務補修が待っている。限られた時間の中で限られた情報に基づき、ベストな診断報告書を診断先企業に対して提出するためには、間違いなく仮説思考が必須になる。ぜひ本書を早めに読んでおいてほしい。


本ブログをご愛読いただいているあなたにはいつもお伝えしていることであるが、念のため。

読書を通じて学んだことは即実践に移すということを強く意識して読んでほしい。

そうでないと、その読書は意味のないものになってしまうので。


「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR