現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】1次試験突破に必要な勉強時間

今回は2018年度の1次試験合格目標に向けた記事である。

前回の記事(コチラ)では、1次試験突破に向けて最初に決めるべきことについてお伝えした。

前回の記事を受けて、おぼろげながらでよいのだが、あなたはそれを決めただろうか?「もう決めている」という受験生もいれば、もしかすると「まだ迷っている」「今後変わるかもしれない」という受験生もいるかもしれない。今回はそのようなあなたに対して、意思決定をサポートする材料をご提供したいと思う。


まず、筆者自身は診断士試験に完全独学でストレート合格しているので、当然のことながら、1次試験は1年で決めた。もっと言えば、「ストレート合格には7科目500点以上が必要である」と考えていた(その理由は後日…)ので、1次本試験で500点以上を取ることを目標に勉強した。実際の1次試験の結果は、すべての科目で60点以上を奪取して7科目合計で500点を超える得点で1次試験を突破できた。


さて、上記は結果論なのであるが、そのための手段として筆者は決定的に重要なことがあると思っている。もしあなたが診断士試験を確実に合格したいと思っているのであれば


あなたの診断士試験合格は「勉強量×勉強方法」で決まる


という原理原則を認識すべきということである。


ハッキリ言って、診断士1次試験の範囲は膨大である。これだけの範囲の1次試験で合格点を確保するためには、どのような秀才であってたとしても、それなりの勉強時間を投入する必要がある。

とはいえ、診断士試験を受ける受験生の多くは何かしらの組織の属して働いており、勉強時間の確保は困難であろう(筆者のTwitterのフォロワーを見ると、学生さんもいるようだ。学生の内に診断士試験を目指すあなたは本当にスゴイ)。そうであれば、正しい勉強方法で効率的に勉強を進める必要がある。

つまり、「勉強時間×勉強方法」でレバレッジを効かせないと、限られた勉強時間で目標とする結果は出せないということである。勉強方法に関しては本ブログで今後発信するメインコンテンツなので、今回は勉強時間に関してあなたにお伝えして、勉強時間に関しては今日決着をつけてしまおうと思う。



以下を見てほしい。以下は筆者がTwitterで呼びかけて収集した投票結果である。
※ご協力いただいた方にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げたい。




上記の投票結果を見て、あなたは今何を感じ、今後どのようにあなた自身のアクションへつなげようとしているだろうか?


結論を言おう。

「あなたが早期に診断士資格を取得して一刻も早くマジなコンサル診断士を目指すのであれば、本試験までに7科目合計1,000時間以上の勉強時間を確保することは必須条件である」

というのが筆者の立場である。なお、既に科目合格している受験生は「受験予定科目数×150時間」を確保することを必須条件とする。以下、1,000時間と書かれている部分は「受験予定科目数×150時間」と読み替えてほしい。
※今日までにこの立場を発信しなかったのは、本ブログ開設が2月という中途半端な時期であり、読者に無用な混乱を起こしたくなかったためである。

時間


上の投票を見ると、確かに1,000時間未満で合格している受験生も多いことは事実である。一方で、1,000時間未満の勉強時間で不合格者が多いこともまた事実である(その人数は1,000時間以上で不合格の受験生の2倍である)。

本ブログでは、あなたにはとっとと診断士試験に合格いただいて、一刻も早くマジなコンサル診断士なっていただくことを目的としている。その意味で言えば、筆者はあなたが合格する確率が最も高い選択をあなたに提示する義務があると思っている。故に、基本的にマジなコンサル診断士を目指すあなたが1,000時間以上の勉強を確保できないというプランを筆者は認めたくない。厳しい言い方だが、あなたがなんとなく診断士資格を目指そうと思い、ダラダラと勉強していくつもりであるならば、あなたは筆者のターゲットとする読者層には該当しないので、本ブログではなく他の情報収集手段を活用することをオススメする。
※たまに少ない勉強時間で診断士1次試験を突破したことを自慢する人を見聞きすることがあるが、こういった人を筆者はまったく評価しない。理由は色々あるのだが、長くなるので今回は割愛する。
※1,000時間以上の勉強時間で不合格に投票いただいた受験生へ。あなたは今年こそ1次試験を突破する可能性が高いと筆者は思っている。あなたには「努力を継続できるメンタリティ」と「診断士試験に対する強い思い」があるはずである。あなたに足りない最後のピースは「勉強のやり方」だけである(決して記憶力が悪い、頭がよくないということではない。絶対に自分を卑下しないでほしい)。筆者はあなたのような人を全力で支援したいと思っているので、ぜひ本ブログを継続して読んでほしい。




今回の記事は以上である。


それではあなたに宿題を出そう。次回の1次試験向け記事発信予定日(9月16日を予定)までに、

来年8月の本試験までに7科目合計1,000時間の勉強時間を確保する覚悟を決める

ことを約束してほしい。あなたには仕事やプライベート等様々な事情がおありであろう。しかしそうであったとしても、あなたはやはり覚悟を決める必要がある。その覚悟を決めた受験生は、次のステップへご案内する。9月16日に本ブログでお会いしよう。



「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR