現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】2次試験突破に必要な能力がなんと明文化されている?

今回は「中小企業診断士に求められる基本能力」について書こうと思う。


筆者の有料コンテンツである2次筆記試験に向けたかなりディープな入門ガイドの無料部分でも書いたのだが、あなたもよくご存じの通り、下図の通り中小企業診断士資格を登録する方法には2通りある。
中小企業診断士資格を登録する方法



方法①は「2次試験に合格する方法」、方法②は「中小企業診断士養成課程を修了する方法である」。養成課程は半年~1年以上通学する必要があることや受講費用が高額であるといった制約があることから、多くの受験生は2次試験の合格を目指すことになるのが通例である。



「2次試験に合格する方法」と「中小企業診断士養成課程を修了する方法である」のいずれでも中小企業診断士登録が可能であるという前提を踏まえると、当たり前のことだが、中小企業診断協会は「2次試験」と「中小企業診断士養成課程」を同じ位置づけとして見ていることが分かる。


ところで、「中小企業診断士養成課程」においては「中小企業診断士に求められる基本能力」が明文化されていることをご存じだろうか?

実は中小企業庁が公表している資料に、「登録養成課程を実施するためのカリキュラム等の標準モデル」というものがあり、そこに明文化されている。そこには、以下のような図が書かれている。
中小企業診断士に求められる基本能力
(中小企業庁「登録養成課程を実施するためのカリキュラム等の標準モデル」を基に作成)


今回この図を筆者がお示しした意図について、感の鋭いあなたであれば察しがつくだろう。筆者がこの情報を持ち出した意図は、以下の通りである。


「2次試験」と「養成課程」は同じ位置づけである
           ↓
養成課程では「中小企業診断士に求められる基本能力」が明文化されている
           ↓
「中小企業診断士に求められる基本能力」を確認することで、2次試験突破に必要な基本能力を紐解けるはずである



次回の記事からは、この情報を基に筆者の考察を加えつつ、2次試験突破に必要な基本能力をあなたと一緒に紐解いていこうと思う。


ひょっとすると、「あなたの2次試験突破に足りないもの」が見えてくるかもしれない。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



<特別企画:読者アンケート実施中>
本ブログをより一層読者目線なメディアへと発展させるために、ぜひとも多くの読者のご協力をお願いいたします。アンケートにご協力いただける読者は、以下のアンケートサイトをクリックしご回答ください。

【アンケートサイト】
アンケート



【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR