現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【読書をしましょう】現代における経営は「論理」だけでは通用しない?

今回の記事は「読書をしましょう」である。



先日、筆者は以下のツイートをした。


以上のツイートは、筆者のこれまでのコンサルティング経験から感じたことを率直に言葉にしたものである。



近年はとにかく環境の変化が激しい時代である。


環境変化の激しさに相まって、消費者ベネフィットも急速に変化し、結果消費者ニーズはますます多様化している。


これだけ複雑で不安定な時代になると、「論理」の側面からの意思決定だけでは、適切な経営は難しいのではないかと感じている。



つまり現代は、「論理・理性」だけでなく「直観・感性」で意思決定する経営が求められているとも言える。



以上の内容を読んで、「確かにそうだよなぁ」とあなたがもし思ったのであれば、以下の書籍がオススメである。


そもそも筆者がなぜ上記書籍を手に取ったかと言えば、昨年から経営コンサルティングをしているクライアント企業の経営者が、正に「直観・感性型の経営者」だったからである。


筆者は「直観・感性型の経営者」が得意かと言えば、お世辞にもそうは言えない。


なぜならば、「直観・感性型の経営者」の意図や真意を汲み取って、それを実行に移すのは非常に難しく感じるためである。この点は、自分自身で認識している課題でもある。


このことは、筆者が「直観・感性型」の人間ではないことに起因するものなのだが、経営コンサルティングを行う立場である以上、そんなことも言っていられない。


そんなわけで上記書籍を手にとったわけである。


結果、上記書籍から「とあるヒント」を見出すことで、自分自身が経営コンサルタントとしてどのようにこのクライアント企業と向き合っていくべきか、自身のValueは何なのかを明確化することができた。
※具体的には、本書の中に「経営は3つの要素が混ざり合ったものである」といった趣旨の内容が出てくる。その3つの要素のバランスを取るという大目的を設定した上で、自分自身がどのような役割を果たすべきかを検討した結果、それが明確になった。


このクライアントに筆者がコンサルとして入ってからもうすぐ1年になるのだが、筆者が入る前まで2年連続で減少を続けていた売上が今年ついに上昇に転じ、増収・増益で着地できそうな状態にまで持っていくことができた。
※筆者がどうこうしたから等と申し上げるつもりはない。当然、クライアント企業の経営者・従業員の頑張りが最大の要因であることは言うまでもない。


その意味で、本クライアント企業を成功に導く上で1つのヒントを与えてくれた本書には、とにかく感謝感謝である。


もしご興味があれば、読んでみてほしい。


あなたが経営コンサルタントとしてValueを出す上で、1つのヒントを提示してくれる書籍となるはずである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

「挑戦」と「失敗」

本ブログの読者は、大別して以下の2通りに分かれると思う。


①中小企業診断士資格取得を目指す人

②マジなコンサル診断士を目指す人


①の読者は、2018年度(もしくは2019年度)の中小企業診断士試験合格を目指して勉強している方々、②の読者は中小企業診断士資格を取得し、コンサルとしてのキャリア形成を図っている方々であろう。



現状の立ち位置こそ異なるが、両者に共通することが1点だけある。


それは


いずれの方々も新しいことに「挑戦」している真っ最中である


ということである。




「挑戦」という言葉を改めて調べてみると、


「困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと(goo辞書)」


と書かれている。



上記の意味から分かることは、


困難な物事に立ち向かうことが「挑戦」であり、困難ではない物事に立ち向かうことは「挑戦」ではない


ということである。




さて、「挑戦」が困難なことに立ち向かうことである以上、そこには必ず「失敗」のリスクが伴う。



多くの人々は「失敗」を恐れるため、「挑戦」を回避する。



挑戦しない人に出会ったとき、筆者が必ず伝えることがある。



それは、


失敗するリスクより、何も挑戦しないリスクの方が高いのではないか?


ということである。





挑戦しないということは何も変化がないため、確かに安心感がある。



しかしそこには盲点がある。



それは、


あなたが何も変化していない間にも、外部環境は刻々と変化している


ということである。




そのような人生を、あなたは本当にノーリスクだと思っているのだろうか?



少なくともそこにはリスクしかないように筆者には見える。



受験勉強を一生懸命して、世間で言うレベルの高い大学に入って、大手企業に就職し、定年まで勤め上げる。そして老後は多額の退職金と年金で、優雅な隠居生活を送る。



戦後以降の日本では、上記のようなレールに乗っかっていくことが、安定のための最良の策であると言われてきた。



今を生きているあなたには、上記のような常識はもはや常識でなくなりつつあることがお分かりであろう。



本記事で筆者があなたにお伝えしたいことはただ1つ。


挑戦しないこと自体が最大のリスク。失敗を恐れず常に挑戦し続けよう!



もちろん、筆者は死ぬまで挑戦し続けて、死ぬときに絶対後悔することのない人生にしようと思っている。



最後に以下のツイートをあなたにお届けし、本記事を終えたいと思う。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

【読書をしましょう】圧倒的に生産性の高いコンサルになるために

今回の記事は3週間ぶりの「読書をしましょう」である。



先日、若手コンサルのメンバーの資料をレビューしていた時のことである。


現状分析が終了し問題点を整理したので、レビューしてほしいとのことだった。


そのレビュー時のやり取りが、以下である。
※かなり簡略化している点はご承知おきいただきたい。


マジコン:「この問題点ってさぁ、本当に問題点なの?」

メンバー:「ハイ。問題点だと思っています。」

マジコン:「その根拠は?」

メンバー:「ヒアリングした方がそう言ってましたので間違いないと思います。」

マジコン:「ヒアリングした人が言っていたから、お前は問題点だと思っているってこと?」

メンバー:「この問題点は市場で情報が取れる性質のものではないので、仰る通りファクトは取れていません。しかし。最前線で業務している方がそうおっしゃっていたので、問題点だと思っています。」

マジコン:「そんじゃあさ、この問題点てお前はどうやって解決するつもりなの?」

メンバー:「そこがご相談事項でして、これはお客様で解決可能な範囲が非常に小さい問題なので、最適な解決策が思いつかないんです。マジコンさんなら解決策をご存じかと思いまして。」

マジコン:「…。俺はそもそもこれが問題点だと思っていないんだが。というか解決策がない?解決策がない問題点を挙げてどうすんだ、お前。」

メンバー:「…。スイマセン…。」


若手コンサルが陥りがちな罠に見事にはまってしまった。


本件に関して、若手コンサルはアプローチを誤ったせいで手戻りが発生し、生産性が低下してしまったということになる。



このやりとりだけみると


「解決できない問題点をコンサルが挙げることなんてあるのか?」


とあなたは思うかもしれないが、問題解決に慣れていないコンサルがよく陥る罠ではある。


当然のことながら、筆者も新入社員の時には同様の指摘を受けたものである。



コンサルティングにあまり慣れていない人は、現状分析を通じて自分の知識を使いながら問題点を抽出すると、それがうれしくなってすべての問題点を等しく扱ってしまう傾向にある。


しかしそのようなアプローチを採用してしまうと、対応すべきことが広がってしまってコンサルの生産性が低下するばかりか、クライアントの課題解決につながらないアクションをクライアントに提言してしまう可能性すらある。



なぜこのようなことに陥るかと言えば、


クライアントの成果につながらない問題らしきものを問題点として定義してしまっているため


である。



解決できない問題点、解決しても成果につながらない問題点に対して頭を使うのは時間のムダ以外の何物でもない。



コンサルティングにおいて成果を出す上で大事なのは、


解決することで大きな成果につながる問題点を特定した上で、それに対して最良の解決策の考案すること


である。



以上のような内容に関する考え方、アプローチをあなたが学びたいと感じるのであれば、以下の書籍がオススメである。



著者はマッキンゼー出身の脳科学者で現在はヤフーのCOOを務めているという異色の経歴を持った人である。


バリューチェーンや3Cといったオーソドックスなフレームワークも多少出てくるが、そういった単なるハウツー本というよりは、価値のある問題解決アプローチは何なのかとそのアプローチに関して重点的に書かれている書籍である。


書かれている内容は極めて本質的かつ重要なことだが、非常に読みやすいのが本書の特徴である。


本書も、マジなコンサル診断士を目指すあなたには課題図書としたい1冊である。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

マジコンTwitter利用ガイド

筆者は本ブログ以外に、Twitterも情報発信手段として利用している。
※筆者のTwitterはコチラ


本記事ではマジコンTwitterの利用に関して、あなたをガイドしたいと思う。




Twitterでは、筆者は主に以下の2種類の情報を発信している。


①中小企業診断士試験に関すること

②コンサル実務のこと。


以下、それぞれに対して具体的に説明する。



①中小企業診断士試験に関すること

ブログでは、特定のテーマを定めて1つの記事を発信している一方で、Twitterでは、どちらかというと中小企業診断士試験に関してその場で思いついたことをそのままつぶやいている。

最近のツイートでいえば以下のような内容をつぶやいている。








あとはたまに以下のようなアンケートを取ったりもしている。


あなたが中小企業診断士試験に突破する上で、何が契機になって合格を手繰り寄せされるかは意外とわからないものである。

その意味で、筆者の思い付きのつぶやきが、ひょっとするとあなたにとっては大きなヒントになることもあるかもしれない。

ぜひそのような観点でツイートを見ていただき、あなたの試験勉強に活用してほしい。




②コンサル実務のこと。

こちらは、筆者が実際のコンサルティングをしながらタイムリーに感じたことをつぶやいている。

最近のツイートでいえば以下のような内容をつぶやいている。







本ブログ読者の中には、すでに中小企業診断士資格を取得して中小企業診断士として活躍し始めている方もいることだろう。そのような方は、筆者のツイートを見て、「自分ならどうするか」「こういう方法もあるのか。やってみよう」といった視点で見ていただくとよいだろう。

逆に現在中小企業診断士資格取得を目指している方は、試験の勉強をしながら、将来自身が中小企業診断士として活躍する際のイメージトレー二ングに活用していただきたい。
そうすることで、試験勉強中の今から経営コンサルタントの仕事の具体的イメージを持つことができ、勉強のモチベーション維持・向上といった効果が期待できると思う。


Twitterでも、極力読者のみなさまにお役に立てるような内容をつぶやいていきたいと思っているので、現在筆者をフォローしていない方は、お気軽にフォローしてみてほしい。



マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【読書をしましょう】コンサルタントとしての総合力を総復習

今回の記事は「読書をしましょう」である。



筆者はこれまでも、コンサルタントとして必要なコアスキルに関して以下の記事で書籍を紹介してきた。


・「【読書をしましょう】仮説思考を身につけましょう

・「【読書をしましょう】問題解決の基本を理解をしましょう

・「【読書をしましょう】正に問題解決のバイブル



今回紹介する書籍は、上記書籍に書かれている個別のスキルを実戦展開する橋渡し役として最適な書籍である。



その書籍は、以下である。





書名に「プレゼンテーション」と入っているが、本書は決してパワーポイントによる資料の作り方を指南するような内容ではない。


「論理思考力」「仮説検証力」「会議設計力」「資料作成力」という4つの観点から、提案をどのように構成していくかを解説した書籍である。




本書の最大のウリは、ケース・スタディに基づいて具体的な説明が展開されていく構成であるため、非常にわかりやすく、スラスラ読み進めることができる点だろう。



本書を読むと、上記過去記事で筆者が紹介した書籍や筆者が本ブログで発信している内容と重複する部分も多いことに気づくことだろう。



しかし論点はそこではない。



筆者がなぜ本書をあなたに進めるかと言えば、


ケーススタディに基づいて提案における留意点やポイントが書かれており、これまで学んだコンサルスキルの位置づけを実戦ベースで総復習できるため、あなたがそれを実戦へと展開しやすい


からである。



もしあなたが「コンサルタントとしての提案力を高めたい」と思っているのであれば、ぜひ本書をお手に取っていただきたい。


きっと、コンサルスキルの実戦における活かし方や提案力を高めるためのヒントを発見することができるはずである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク