FC2ブログ

現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【キャリア】初回の社長ヒアリングでマジコンが事前に準備していること

昨日は新たに始まったコンサルティング案件の初回のヒアリング日であった。


筆者はコンサルティングの開始に当たって、経営層、ミドルマネジメント層(主に部門長)全員に対してヒアリングを行うことが多い。


今回の案件も同様の方式を採用することとしたため、昨日も朝9時から夜7時まで計7名の方に一気にヒアリングを行った。

そして朝一発目の9時からのコマが、社長に対するヒアリングであった。




過去記事「【キャリア】企業訪問前の企業分析のコツは?」では、営業活動時における企業分析のコツをお伝えした。

今回の記事は、実際のコンサルティング案件開始後において、筆者が初回の社長ヒアリングで事前に準備していることについて書こうと思う。




筆者は社長ヒアリングに望むに当たって、多くの中小企業で公開されている「ある情報」に沿ってヒアリングを進めていくようにしている。



その「ある情報」とは


企業の沿革


である。




多くの企業において、「沿革」はホームページの会社情報に掲載されている公開情報である。


筆者は社長ヒアリングの際に、この「沿革」のみを活用してヒアリングを行っている。




ヒアリングの事前準備として行っていることは、以下の3点である。


①沿革を時系列に読んでいき、各々の出来事に関して当該企業の当事者になった気持ちで可能な限り創造力を膨らませてイメージしてみる。

②沿革の各々の出来事に対して、「外部環境の変化とそれに対する企業の対応」「活かされている強み」に関して仮説を立てる。

③②の内、当該企業のターニング・ポイントとなっている出来事を仮説として定める(複数可)。




以上の事前準備ができれば、あとは社長に対するヒアリングを通じて②と③の仮説に関する答え合わせをしていけばよい。


以上の沿革に基づいたヒアリングをするだけで、当該企業の「SWOT分析情報」に関してかなり本質的な情報を掴むことが可能になるはずである。


そして一通りのヒアリングを終えたら、経営コンサルタントの立場から当該企業の沿革をターニングポイントとともに要約して言葉に発して確認するとともに、外部環境の変化と当該企業の強みに関して自分の言葉でコメントするとよいだろう。




「御社の強みは何ですか?」

「御社の業界内の競争関係はどのような状況ですか?」



このようにストレートな問いをベースにヒアリングをすることも悪い手段ではないだろう。



しかし沿革に基づいてヒアリングを通じてこれまでの会社の歴史を振り返ることで、社長自身が改めて思い出すこともあるだろう。


そして何より、そのヒアリング内容に基づいてあなたの言葉で当該企業の本質を社長にお伝えすることで


社長のコンサルタントに対する評価を高める効果がある


と思っている。



機会があれば、ぜひお試しいただきたい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。
ただいま実務補習中で指導員のやり方に辟易としていたので非常に勇気付けられる内容です。今後とも為になる投稿を頂けますと嬉しいです!

Re: タイトルなし

ぽにょさん

いつもブログを読んで頂き、またコメントをいただきありがとうございます。いただいたコメントの内容から察するに、ぽにょさんは私のやり方にご共感いただけたということですね。


コンサルティングの手法は基本的な型こそあるものの、細かい部分はコンサルタントの数だけ存在すると思っています。
もちろん私のやり方が絶対的に正しいなどとは思っていませんが、それがぽにょさんを勇気付けることができたのであれば、私としても非常にうれしいです。


実務補修の指導員の指導に関して真摯に耳を傾ける姿勢は絶対に必要だと思いますが、それを100%受け入れる必要は私はないと思っています。

ぽにょさんのお考えと指導員の指導内容にGAPが生じたら、その要因をしっかりとご自身で思考を通じて考え、その結果ご自身の考えがよりクライアント志向であるとの結論に至ったのであれば、ぜひご自身のお考えを優先すべきであると考えます。


今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。


マジコン診断士

> いつも楽しく拝見させていただいています。
> ただいま実務補習中で指導員のやり方に辟易としていたので非常に勇気付けられる内容です。今後とも為になる投稿を頂けますと嬉しいです!
プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR