マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】過去問を通じた勉強において意識しておきたいこと

2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


今回はいつもの過去問チャレンジではなく、少し趣向を変えて、過去問の勉強法に関する記事を書こうと思う。


一般的に、1次試験に向けてこの時期は基礎力を養成する期間に充てることが一般的なため、現時点で過去問に手を付けていない受験生も多いことと思う。そのような受験生は、数か月後に過去問演習をする際の留意点として覚えておいてほしい。



それではさっそく。


まず、以下の過去問を見てほしい。


(平成22年度企業経営理論 第27問)
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 消費者行動論の領域では、購買プロセスは、消費者が内部および外部からの刺激によって問題やニーズを認識した時に始まるとされている。こうした視点から消費者の購買行動をとらえると、消費者は一回一回の購買において、「問題認識」→「情報探索」→「代替案の評価」→「選択」→「結果の評価」からなる5段階の意思決定プロセスのすべて(または一部)を経由することになる。
(設問省略)




続いて、以下の過去問を見てほしい。


(平成21年度企業経営理論 第29問)
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

消費者行動論の分野では、消費者の購買意思決定プロセスのモデル化が行われてきた。そのなかでも代表的なモデルは、問題の認識とその解決としての購買行動を前提として「問題認識」→「情報探索」→「【   】」→「選択」→「結果の評価」からなる5段階のプロセスによる説明を行っている。

(設問1)
文中の空欄に入る最も適切なものはどれか。

ア 購買目的の精緻化
イ 情報分散化
ウ 代替案の評価
エ トライアル購買
オ 取引条件の交渉


この2問を見比べて、あなたは何か感じないだろうか?


赤字部分に着目いただければ、あなたが確実に押さえるべきポイントが明らかになるはずである。




もう一つだけ例を挙げよう。


(平成24年度企業経営理論 第27問)
消費者行動に影響を及ぼす社会的要因のひとつである準拠集団に関する記述として、最も不適切なものはどれか

ア 近年家族の個人化が進んでおり、家族の消費者行動への影響を分析する際には、ライフサイクルだけでなく、ライフコースにも注目する必要がある。
(以下省略)




続いて、以下の過去問を見てほしい。


(平成26年度企業経営理論 第30問)
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 消費行動の分析においては、一般的に消費者個人ではなく、家族という【 A 】 単位、あるいは家計という【 B 】単位が基本的な分析の単位として用いられる。その理由は、 【 C 】の選択や【 D 】の配分において、家族人数に代表される規模的要因が大きく影響するため、個人ベースでの分析よりも家計単位での分析が適しているからである。
 【 D 】の配分としての消費行動は、生活様式や【 C 】によって規定されるが、消費行動を分析する視点には、3つの代表的アプローチがある。それらは、①ライフサイクル・アプローチ、ライフスタイル・アプローチ、ならびに②ライフコース・アプローチである。いずれも、生活主体としての家族ないし個人の生活構造上の特徴に着目し、その集約的指標と消費行動とを関連付けて分析するための視点である。

(設問2)
文中の下線部①に示す「ライフサイクル・アプローチ、ライフスタイル・アプローチ」に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 近年の家計調査によれば、家族ライフサイクルの終点近くに位置する後期高齢者による耐久消費財支出の増加傾向が読み取れる。
イ ライフサイクル・アプローチに示されるフルネスト(full nest)段階におかれた家計の消費支出をみると、医療、外食、ファッションといった項目の構成比が高まることが分かる。
ウ ライフサイクル・アプローチは、家族という集団を人の一生に例え、「家族のライフサイクル」の普遍的な共通性に着目したアプローチである。個別の家族に固有な出来事の影響を反映した分析を行う点に最も大きな特徴がある。
エ ライフスタイル・アプローチは、モチベーション・リサーチやパーソナリティ研究から発展したサイコグラフィクスを源流とするとされる。

(設問3)
文中の下線部②に示す「ライフコース・アプローチ」に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア F さんは、アメリカ人の夫とともに英会話による学童保育施設を開業した。これは DINKS 型ライフコースを選択する家族の増加を受けてのことである。
イ ライフコース・アプローチでは、近年着目される「絆」の重視や「家族回帰」を通じた家族や友人グループの中での合意に基づいた集団的な意思決定の影響が尊重されている。
ウ ライフコースの概念では、ライフイベントごとの選択のあり方が個々の人生の道筋の多様化を生み出すとされている。これら選択の多様化によって、社会人教育や婚活(結婚活動)など新たな消費機会が生まれる。
エ ライフコースの複雑化により、年齢別労働力率曲線にみる女性の年齢階級別の就労状況は「V 字曲線」と呼ばれるようになっている。



上記の2問の例で言えば、平成24年度の過去問を勉強した際に「ライフサイクル」と「ライフコース」の意味をしっかりと理解していた受験生は、平成26年度の問題を受験した際には難なく対応できた可能性が高いだろう。



今回の記事で筆者があなたに伝えたいことは、


過去問を使用した勉強は、問題が解けかどうかはそれほど重要ではない


ということである。



もちろん過去問を解くことができれば、それはあなたにとって精神安定剤になるかもしれない。


せっかく時間をかけて過去問を解いたのだから、自己採点をして自分の実力を測りたいと思うかもしれない。


それ自体は特段悪いことではない。



しかしそれ以上に重要なことは、


”過去問”という試験委員が我々に提示してくれている最良の教材から、あなたがどれほど多くの学びを得ることができるか


ということである。




診断士の1次試験においては、過去問と全く同じ問題は基本的には出題されない。


ゆえに、その問題が解けたからと言って、それを本試験であなたが再現できるとは限らない。



しかし過去問と類似の問題、同様の論点に関して視点を変えた問題はかなり多く出題される。


つまり、過去問から多くを学ぶことができれば、あなたは本試験で闘える確かな実力をつけることができる可能性は飛躍的に高まる。



本記事を通じて、1次試験突破に向けた過去問演習の取り組みスタンスの参考としてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~生産形態(3)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
個別受注生産での改善施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。(平成23年度運営管理 第19問)

(ア) 受注製品ごとの進度管理の精度を高めるために、追番管理方式を導入する。
(イ) 受注製品の納入リードタイムを短縮するために、設計部門と製造部門の業務を同時並行で行うコンカレントエンジニアリングを採用する。
(ウ) 製品仕様の変更や追加要求を回避するために、客先との間で取り交わす製品仕様書の記入内容を再吟味する。
(エ) 部材調達費の抑制や量産効果を得るために、部品や中間製品の共通化・汎用化を図る。




















(解説)
個別受注生産に関する問題である。さっそく各選択肢を検証する。

ア:「追番管理方式」が出てきた段階で、違和感を感じたあなたはその感覚でOK。追番(おいばん)管理方式は、生産の計画と実績に対してそれぞれ追番と呼ばれる累積番号を付与し、調達や進度管理を追番に基づいて行う管理のことであり、どちらかというと連続生産の生産管理に適した手法である(受注生産に使われないというわけではない)。”個別受注生産における受注製品ごとの進度管理の精度を向上する”改善施策という意味では、「製番管理方式」の方がより適切であろう。製番管理方式とは、「製造命令書を発行するときに、その製品に関するすべての加工と組立の指示書を準備し、同一の製造番号をそれぞれに付けて管理を行う方式(JIS Z 8141-3211) 」である。故に、個別受注生産での改善施策には適していないため、×である。

イ:特に違和感はない。コンカレントエンジニアリングとは、製品開発プロセスにおける複数の工程を同時並行で走らせることにより、開発リードタイムの短縮やコスト削減を図る手法である。選択肢に記載のある「受注製品の納入リードタイムを短縮する」改善施策としては有効である。ゆえに〇。
なお、コンカレントエンジニアリングを効果的なものとするためには、部門間での情報共有が極めて重要となる。その手段の1つとして、商品の企画、設計、開発、生産情報等を一元管理可能なシステムである「PDM(Product Data Management)」の導入が有効である点は、併せて覚えておきたい。

ウ:特に違和感はない。客先との間で取り交わす製品仕様書の記入内容を工夫する(例えば、過去の失敗事例に基づいてより細かく仕様書の項目を記載する等)ことで、モレの発生や認識齟齬の防止を図り、製品仕様の変更や追加要求を回避することは十分可能であろう。ゆえに〇。

エ:特に違和感はない。部品や中間製品の共通化・汎用化することができれば、調達部材の種類が減少するであろうし、1部品当たりの生産量も増加して量産効果を得ることができるであろう。グループテクノロジー(GT)の1種である。ゆえに〇。


以より、アが正解である。

(解答)
(ア)


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】企業経営理論の過去問チャレンジ ~マーケティングミックス

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。

それではさっそく企業経営理論の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
以下の図は、マーケティング・ミックスにおける価格の位置付けを示したものである。この図に関する記述として、最も不適切なものを下記の解答群から選べ。(平成26年度企業経営理論 第31問)

        keiei-H26-31.jpg

(ア) 図中の点線 A に示す関係からは、広告や営業などの形で投下するマーケティング費用が需要数量の増加を意図していることが分かる。
(イ) 図中の点線 B に示すマーケティング費用と価格との関係からは、特定の製品の価格水準が、製品差別化の程度や販売経路の特徴といった他のマーケティング・ミックス属性の影響を受けていることが分かる。
(ウ) 図中の点線 C に示す関係からは、設定した価格によって需要数量が変動することが分かる。ブランド化した製品では需要の価格弾力性が大きくなり、高価格でも多くの販売数量の実現が可能となる。
(エ) マーケティング費用は、管理費用などの間接費の製品配賦額や製造原価という直接費とは区別される、マーケティング活動に固有の費用として識別される。




















(解説)
マーケティングミックスの内、価格に関する問題である。図の意味を読み取りながら、知識を踏まえて解答する必要がある。さっそく各選択肢を検証する。

ア:点線Aが示す関係を見ると、「マーケティング費用」⇒「需要数量」となっている。図中の点線矢印は「市場関係を表す」と図下の注に記載があるので、「マーケティング費用」が「需要数量」に対してどのような影響を与えているかを考えれば、選択肢の文章の妥当性を判断できる。
選択肢の文書を読むと、「広告や営業などの形で投下するマーケティング費用が需要数量の増加を意図していることが分かる」と書かれている。「需要数量」は数量である以上、「増える」か「変わらない」か「減る」のいずれかしか考えられないので、マーケティング費用を投下した結果として「増える」のであれば本選択肢は〇、「変わらない」もしくは「減る」のであれば本選択肢は×となる。当然、「マーケティング費用」を投下するのは「需要数量を増やすため」に他ならないので、本選択肢の文章は正しいことがわかる。ゆえに〇。

イ:点線Bが示す関係を見ると、「マーケティング費用」⇒「価格」となっている。アと同様、図中の点線矢印は「市場関係を表す」と図下の注に記載があるので、「マーケティング費用」が「価格」に対してどのような影響を与えているかを考えれば、選択肢の文章の妥当性を判断できる。
選択肢の文章を読むと、「特定の製品の価格水準が、製品差別化の程度や販売経路の特徴といった他のマーケティング・ミックス属性の影響を受けていることが分かる」と書かれている。この文章だけ読むと、「製品差別化の程度や販売経路の特徴といった他のマーケティング・ミックス属性の影響なんて図に書いてないぞ」と思って混乱するかもしれない。しかし冷静に考えてみてほしい。図に書かれている「マーケティング費用」は、そもそもどのような要因により発生するのだろうか?当然のことながら、何かしらのマーケティング戦略やマーケティングアクションの結果として発生するものであろう。本仮説は選択肢アの文章「広告や営業などの形で投下するマーケティング費用」もヒントになるだろう。以上の点を踏まえれば、「他のマーケティングミックスの属性(製品差別化の程度や販売経路の特徴等)」⇒「マーケティング費用」⇒「価格」という因果関係は十分妥当性があるものと判断でき、本選択肢の文章は正しいことがわかる。ゆえに〇。

ウ:点線Cが示す関係を見ると、「価格」⇒「需要数量」となっている。この時点で、選択肢の文章の前半部「設定した価格によって需要数量が変動することが分かる」の内容は正しいことがわかる。
問題は選択肢の文章の後半部である。「ブランド化した製品では需要の価格弾力性が大きくなり、高価格でも多くの販売数量の実現が可能となる」に違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。需要の価格弾力性とは、「価格の変化に対して需要がどれだけ変化するか」を示す指標である。簡単に言えば、価格を上げ下げした時に需要量が大きく変化する場合は「需要の価格弾力性は大きい」と言い、価格を上げ下げした時に需要量があまり変化しない場合は「需要の価格弾力性は小さい」と言う。
一般的に、ブランド化した製品は価格変化が需要数量に与える影響は小さく、需要の価格弾力性は小さくなる。なぜならば、ブランド化した製品は消費者にとって他の製品と区別された特別な価値を持つものであり、価格に左右されずに購入する傾向が強くなる(例えば、ブランド化した製品は価格を上げても需要は大きく減少しない)ためである。ゆえに「ブランド化した製品では需要の価格弾力性が大きくなり」が誤りなので、×である。なお、以上の説明から「高価格でも多くの販売数量の実現が可能となる」はその通りである。

エ:いろいろ書いてあるが、つまり「マーケティング費用は”管理費用などの間接費の製品配賦額”や”製造原価という直接費”ではないから、マーケティング活動に固有の費用として識別される」ことが〇か×かを聞いている。まず、前者の”管理費用などの間接費の製品配賦額”は、”製品配賦”と書かれているので、製造間接費と考えられる。また、後者は製造直接費である。つまり、「マーケティング費用は製造原価ではないですよね?」に対して〇か×かということなので、当然〇ということになる。また、マーケティング費用は一般的にそれ単体でコストパフォーマンスを評価する目的で、上記2つの費用(製造原価)とは識別される。ゆえに本選択肢は〇となる。


以より、ウが正解である。

(解答)
(ウ)


マーケティングコストが利益に対してどのように影響を与えるかのロジックを復習する意味では、非常におもしろい図である。ぜひ一度この問題の図をしっかり読んで、理解してみてほしい。マーケティングミックスの理解を一段深めることができるだろう。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~生産形態(2)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
生産形態に関する記述として、最も不適切なものはどれか。(平成28年度運営管理 第2問)

(ア) 少品種多量生産では、加工・組立の工数を少なくする製品設計が有用である。
(イ) 少品種多量生産では、工程の自動化が容易で、品種の変化に対するフレキシビリティが高い。
(ウ) 多品種少量生産では、進捗管理が難しく、生産統制を適切に行わないと納期遵守率が低下する。
(エ) 多品種少量生産では、汎用設備の活用や多能工化が有用である。




















(解説)
製品種類の数と生産量の関係から見た生産形態の問題である。

製品種類の数と生産量の関係から見た生産形態は、以下の通りである。

・多品種少量生産
多くの品種を少量ずつ生産する形態

・少品種大量生産
少ない種類の製品を大量に生産する形態で、ライン生産ともよばれる


以上の基礎知識を踏まえ、各選択肢を検討する。

ア:特に違和感はない。少品種多量生産は類似性の高い製品を繰り返し大量に生産するため、規模の経済が働きやすい。ゆえに製品設計により加工・組立の工数を少なくすることができれば、生産性を大幅に高めることができる。本選択肢は〇である。

イ:「少品種多量生産では、工程の自動化が容易で」まで読み進め、「品種の変化に対するフレキシビリティが高い」で違和感を感じたあなたは、その感覚でOK。少品種多量生産は類似性の高い製品を繰り返し生産するため、工程の自動化が容易である点は正しい。しかし、専用のライン設備を用いた連続生産の形態を一般的には採用することになるため、品種の変化等に対して柔軟に対応することは困難である。ゆえに×。

ウ:特に違和感はない。多品種少量生産では、工程の異なる様々な製品を生産することになる。工程が異なるということは当然製造リードタイムも異なることになるので、進捗管理は難しくなる。そして進捗管理が難しくなるということは納期を遵守することも難しくなるので、生産統制が重要になる。何の異論もない選択肢なので、○。

エ:特に違和感はない。多品種少量生産では工程の異なる様々な製品を生産することになる。ゆえに、①機械の面では汎用設備の使用、②作業者の面では多能工化により、生産の柔軟性を可能な限り確保することが有用となる。本選択肢は〇である。


以より、イが正解である。

(解答)
(イ)


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~生産形態(1)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


今回から運営管理の過去問チャレンジも絡めて発信していくことにする。


それではさっそく過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
生産形態は、生産の時期、品種と生産量の多少、仕事の流し方によって分類される。生産形態の組み合わせとして、最も関連性の弱いものはどれか。(平成20年度運営管理 第11問)

(ア) 受注生産―多品種少量生産―個別生産
(イ) 受注生産―多品種少量生産―ロット生産
(ウ) 見込生産―少品種多量生産―ロット生産
(エ) 見込生産―多品種少量生産―連続生産




















(解説)
生産形態に関する基本的な問題である。まずは基本事項を確認していく。

<生産形態:タイミングによる分類>

・受注生産
顧客が定めた仕様の製品を生産者が生産する形態(JIS Z 8141-3204)

・見込生産
生産者が市場の需要を見越して企画・設計した製品を生産し、不特定な顧客を対象として市場に出荷する形態(JIS Z 8141-3203)



<生産形態:仕事の流し方による分類>

・個別生産
個々の注文に応じて、その都度1回限りの生産を行う形態(JIS Z 8141-3208)

・ロット生産
品種ごとに生産量をまとめて複数の製品を交互に生産する形態(JIS Z 8141-3209)

・連続生産
同一の製品を一定期間続けて生産する形態(JIS Z 8141-3210)



<生産形態:製品種類の数と生産量による分類>

・多品種少量生産
多くの品種を少量ずつ生産する形態

・少品種大量生産
少ない種類の製品を大量に生産する形態で、ライン生産ともよばれる


以上をJISの定義を読み込んでしっかり理解した上で、以下の図を頭に入れて各要素の対応関係を理解すればよい。
生産形態の分類


以上の前提知識を踏まえた上で、各選択肢を検証する。なお、この問題を解く上では上の図の対応関係を理解できていればOKである。図を見ながら正誤判定する。

ア:図に対応関係が存在するので関連性あり。ゆえに〇。
イ:図に対応関係が存在するので関連性あり。ゆえに〇。
ウ:図に対応関係が存在するので関連性あり。ゆえに〇。
エ:図に対応関係が存在しないので関連性弱い。ゆえに×。


以より、エが正解である。

(解答)
(エ)


今回取り上げた内容は、運営管理の生産を学習する上で「基礎中の基礎」である。ここで躓いているようだと、運営管理はおろか、2次試験の事例Ⅲでは全く歯が立たないだろう。しっかりと復習しておいてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【SPONSORED LINK】



プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
Amazon
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク