現役コンサルによる中小企業診断士試験対策&資格取得後のキャリア形成に関するブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役のコンサルタントが、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略、中小企業診断士資格取得後のキャリア形成に関する情報を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルティングスキルをベースに、独自の分析に基づく試験情報や経営コンサルタントとしてのキャリア形成上の要諦を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】「”課題”と”対応策”問題」で意識したいこと(後編)

今回は2018年度の2次試験突破を目指す受験生に向けた連載記事である。


連載の前回記事「【2次試験】「”課題”と”対応策”問題」で意識したいこと(前編)」では、「”課題”と”対応策”問題」の課題設定に関して説明した。



今回は「”課題”と”対応策”問題」の対応策に関して説明する。



対応策に関しては、課題の設定とは異なった頭の動かし方が必要となる。



そもそも課題は何かといえば、「「問題点を解決するための達成目標」」であった。


以上からわかることは、問題点の解決を図ることができれば、その時点で課題の解決がなされた状態になるということになる。



ということはなんてことはない。


問題点の解決策そのものが対応策とほぼ同義


ということになる。



当然のことながら、課題を設定する前に、あなたは与件文から問題点となる要素をすでに見つけているはずである。



ゆえにあなたが対応策を考える上では、


それらの問題点に対する対応策を検討すればよい


ということになる。



問題はここからなのだが、問題点の解決策を検討する上で、大別して以下の2通りのパターンの出題があると考えている。


【パターン①】
与件文に書かれている要素のみから容易に解決策を想起できる問題点


【パターン②】
与件文に書かれている要素だけでは解決策を想起することが難しい問題点



パターン①に関しては、前回の記事でも例に挙げた「標準化やマニュアル化は進められていない」が該当する。これは「〇〇できていない」となっているのだから、解決策は「〇〇できるような状態とする」といった形で意味を裏返せばよい。本例で言えば、「標準化、マニュアル化を行う」が解決策となる。


パターン②に関しては、差がつくところである。本パターンに関しては、与件文の要素だけで解決策を提示することができない以上、あなたは外から何かしらの道具を持ってきて解決策を提示する以外に術はない。

その道具こそが「1次知識」である。

与件文に書かれている要素を丁寧に読み込んだ上で、その問題点に対して最適な解決策を1次知識を活用して提示する必要がある。なお、問題点が複数存在する場合は、1つ1つの問題に対して丁寧に対応策を提示すること。なぜならば、過去の出題傾向と再現答案&得点開示結果を見る限り、「なんとなくこれが解決策だろ。エイヤ!」みたいなざっくりした解決策を書いた答案に対しては、試験委員はあまり高得点を与えていないように思えるからである。

なお、パターン②の問題に関しては、要素の解釈の仕方によって提示する解決策がバラけてしまう。その意味で言えば、受験生の答案はおろか、受験校等の専門機関の解答例も大きくばらけるため、試験委員が正解と考えている解決策をビンゴで当てることが難しい局面も多いだろう。実際には、自身が勉強してきた知識を総動員して、最適な解決策を提示するといった対応をする以外方法はないだろう。そのような最適な解決策を提示するためには正確な1次知識が求められるので、1次試験の勉強はしっかりと進めてほしい。




「”課題”と”対応策”問題」で意識したいこと」の総まとめである。


①「課題」を答案用紙に書くためには、あなた自身が「課題の設定」を行う必要がある

  ↓そのためには

②「現状と理想との差」=問題点となる要素を与件文から見つけ出す必要がある
※問題点は1つの場合もあるし、複数の場合もある。

  ↓その上で

③問題点を解決するための達成目標を定め、課題として設定する

  ↓
④②で抽出した問題点それぞれに対して1つ1つ丁寧に解決策を検討し、それを対応策とする。
※解決策は、①与件文に書かれている要素のみから容易に解決策を想起できる問題点と、②与件文に書かれている要素だけでは解決策を想起することが難しい問題点とがある。前者は難しく考えずにシンプルに解決策を提示、後者は与件文の要素を丁寧に読み込んだ上で、1次知識を活用してしっかりとした解決策を提示する。



最後に。


試験委員(採点官)の立場に立ってみると、今回の連載で題材とした「”課題”と”対応策”問題」は、受験生の知識、思考力、文章力を総合的に見るには非常に勝手のよい出題パターンである。


なぜならば、以下の3つの視点で答案を見れば、その受験生の能力を多面的な視点から判定できるからである。

①課題に設定したワードを見る
②課題と解決策の整合性を見る
③解決策の中身を見る


受験生は一般的に③の中身ばかりを気にして「これが正しいだろう」「いや、こっちが正しいだろう」という議論に終始する傾向にあるのだが、私が試験委員(採点官)なら①と②も当然見る。たとえ③に正しいことが書かれていたとしても、①と②ができていなければ、高得点を与えることはないだろう。


ここに2次試験の重要なカラクリがある。


③だけできていて①や②ができていない受験生は、知識はあるものの、思考力や文章力、論理力が不足しているということが一発で採点者側からわかるのである。



今回はこの辺にしておこう。


本連載を通じて、筆者は2次試験に関してとても重要な要素を伝えたつもりである。


あなたの2次試験の学習のお役に少しでも立てたら幸いである。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【1次試験】運営管理の過去問チャレンジ ~在庫管理

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


それではさっそく、運営管理の過去問チャレンジ!


【過去問チャレンジ】
生産・販売活動における在庫に関する記述として、最も適切なものはどれか。(平成23年度運営管理 第14問)

(ア) 安全在庫は、経済的理由から補充量をまとめることによって発生する在庫で、その低減方法に段取りの費用や発注の費用の削減がある。
(イ) エシェロン在庫は、需要と供給の不確実性が原因で保有する在庫で、その低減方法に調達リードタイムの短縮や予測精度の向上がある。
(ウ) 見越し在庫は、需要の波のために必要となる在庫で、その低減方法に販売キャンペーンや低需要期の価格割引などによる需要の波の平準化がある。
(エ) ロットサイズ在庫は、多段階在庫システムにおいて対象とする在庫点とその下流にある在庫の合計で、末端に生じた変化をリアルタイムに各在庫点に波及させて表現できる。




















(解説)
在庫管理に関する問題である。

各選択肢を見ると、すべて「〇〇在庫は~で、…がある(できる)。」といった表現になっている。

この選択肢の文章表現の表現からあなたが正解選択肢をチョイスする観点は、以下の2段階で実施することになる。

<正解選択肢をチョイスする観点>
①「〇〇(在庫)」と「~」の内容が一致していること。
②①を前提に、さらに「…」の内容が正しいこと。


以下、各選択肢を検証する。


ア:安全在庫とは、「需要変動又は補充期間の不確実性を吸収するために必要とされる在庫。(JIS)」である。正解選択肢をチョイスする観点①で見てみると、この時点で「〇〇(在庫)」と「~」の内容が不一致なので、×である。

本選択肢の「~」の内容を見ると、これはロットサイズ在庫を指している。ロットサイズ在庫とは、「1回の補充で経済的理由から量をまとめることによって発生する在庫。 備考 サイクル在庫ともいう。(JIS)」である。購買面で言えば、資材を必要量以上のロットで購入することにより発注回数が減るため、その分発注費用が減るということである。一方で、その分平均在庫量が増えるため、在庫費用は増加することになる。製造面で言えば、必要量以上のロットで製品を製造することにより段取替えの回数が減るため、その分段取替えの時間が短縮される。一方で、その分平均在庫量が増えるため、在庫量は増加することになる。つまり、上記の例で言えば発注費用・段取替え時間と在庫費用がトレードオフの関係になるため、ロットサイジングによって最適な購買・製造ロットを定めることになる。これはロットサイジングと言う(「部品手配を行うとき、段取時間、発注コスト、保管コスト、納期などを考慮して、手配する部品の数量をまとめる活動。(JIS)」。なお、本件に絡む論点は平成24年度2次試験の事例Ⅲで出題されているので、確認してみてほしい。

解説が長くなったが、本選択肢を「ロットサイズ在庫」として解釈すれば、選択肢の後半部「その低減方法に段取りの費用や発注の費用の削減がある。」は正しいことになる。

本選択肢は主語が「安全在庫」となっているので×だが、主語と「ロットサイズ在庫」に読み替えれば正しい選択肢となるので、試験委員が提示した「ロットサイズ在庫」の定義としてよく読み込んでおくとよいだろう。



イ:正解選択肢をチョイスする観点①「~」部分記載の「需要と供給の不確実性が原因で保有する在庫」が目に入った時点で、これが安全在庫であることに気づきたい。この時点で本選択肢は×とわかる。ちなみに正解選択肢をチョイスする観点②「…」部分を見ると、「その低減方法に調達リードタイムの短縮や予測精度の向上がある。」と書かれており、これも主語を安全在庫に置き換えれば〇である。

ちなみにエシェロン在庫とは、「自社のある特定の場所だけの在庫ではなく、自社から見てサプライチェーンの下流の在庫点にある在庫の総和」のことである。ブルウィップ効果と合わせて暗記しておいてほしい。


なお、エシェロン在庫は平成27年度運営管理の第13問の選択肢アでも以下通り出題されている。

(ア) ある在庫点から見て、ものの流れにおける上流側の在庫点の在庫の総和によって定義される在庫量をエシェロン在庫という。

上流側の在庫点」ではなく、「下流側の在庫点」なので、本選択肢×ということになる。



ウ:見越し在庫とは、「あらかじめ予測できる変動への備えとしての在庫。(JIS)」である。正解選択肢をチョイスする観点①で見てみると、この時点で「〇〇(在庫)」と「~」の内容は一致しているので問題ない。

続いて、正解選択肢をチョイスする観点②「…」部分を見ると、「その低減方法に販売キャンペーンや低需要期の価格割引などによる需要の波の平準化がある。」とある。見越し在庫が予測可能な変動への備えとしての在庫であることがわかれば、需要の波の平準化という低減方法はバッチリである。ゆえに〇であり、本選択肢が正解選択肢であることがわかる。



エ:選択肢アとイで解説済みなのでよいだろう。これは「ロットサイズ在庫」ではなく、「エシェロン在庫」の内容であるため、×である。
※本選択肢を通じてエシェロン在庫の定義をしっかりと記憶していた人は、平成27年度運営管理の第13問の選択肢アを切ることができたはずである。



以上より、ウが正解である。

(解答)
(ウ)


本問題の解説で、筆者は以下の観点を出した。

<正解選択肢をチョイスする観点>
①「〇〇(在庫)」と「~」の内容が一致していること。
②①を前提に、さらに「…」の内容が正しいこと。


この問題では上記「~」の内容と「…」の内容に不整合はなかったので、主語である「〇〇(在庫)」部分と「~&…のセット」の整合判定のみで正解を導き出せる問題であった。

しかし、今後は「〇〇(在庫)」と「~」の内容は一致しているが、その後の「…」の内容だけが不一致であるという出題もあるだろう。なぜならば、上記だけで、試験委員はそれなりに正答率を落とすことができるからである。

今回のような問題に遭遇した場合は、ぜひ意識してみてほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【2次試験】「”課題”と”対応策”問題」で意識したいこと(前編)

今回は2018年度の2次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。



以下は平成29年度2次試験事例Ⅲの第1問、第2問の設問文である。



第1問(配点30点)
CNC木工加工機の生産販売を進めるために検討すべき生産管理上の課題とその対応策を140 字以内で述べよ。


第2問(配点20点)
C社社長は、現在の生産業務を整備して生産能力を向上させ、それによって生じる余力をCNC木工加工機の生産に充てたいと考えている。それを実現するための課題とその対応策について120 字以内で述べよ。


2次試験の学習を進めている受験生にとっては、課題と対応策を問うてくる「”課題”と”対応策”問題」に1度は出くわしたことがあるだろう。



この出題の仕方はシンプルなようで意外と厄介なので、筆者なりに考えるポイントを2回の連載でお伝えしておこうと思う。




そもそも「課題」とは何かと言えば、「問題点を解決するための達成目標」のことで、ポジティブに表現される(例えば〇〇体制の強化)ものである。



さて、実はこの「課題」の設定は、2次試験においてあなたの力を試す重要なポイントとなる。



というのも、


設問で問われる課題は、与件文に「〇〇が課題である」と直接記載のあることを問うことは(基本的には)ないため


である。




もちろん、与件文に「〇〇が課題である」と直接記載されていることは過去問を見てもあるにはある。


しかし、与件文に記載されている課題そのものを設問で問うて、それをわざわざ答案用紙に書き写させるような出題は基本的にないと考えるべきである。
※「基本的に」とわざわざ筆者が書いているのは、「試験に絶対はない」からである。


なぜならば、それでは単なる国語の試験になってしまうからである。



実際、本記事の冒頭で示した事例Ⅲの2つの設問における課題も、与件文に記載されている課題をコピペするような類の問題ではなかった。




では、この「課題」に書く内容が与件文にストレートに書かれていないという前提に立った場合、あなたはどのような頭の動かし方をすればよいのだろうか?



当然のことながら、あなたが答案用紙に課題を書くためには、「課題の設定」を行う必要がある。



では「課題の設定」をどのように行えばよいかと言えば、それ以前にあなたは問題点を把握する必要がある。



なぜならば、先ほども説明した通り、課題は「問題点を解決するための達成目標」なので、解決すべき問題点が把握できていなければ、課題を設定することはできないためである。



では問題点は何かといえば、「現状(=実際の状態)と理想(=求める状態)との差(=GAP)」である。


以上の要素を踏まえると、あなたは与件文から「現状」と「理想」を把握しない限り、問題点の設定はできないということになる。
※事例Ⅲの過去問の出題傾向では、「〇〇は現状できていない」等と与件文の中でストレートに問題点が記載されている場合が多いので、そこは素直に問題点として受け取ってしまってよい場合が非常に多い。但し、この場合もなぜそれが問題点と認識できるかと言えば、その裏に「理想」があるからであることを忘れてはいけない。例えば、与件文に「標準化やマニュアル化は進められていない」と記載されていたら、「標準化やマニュアル化が図られている」という理想の状態を想起できているからこそ、そこを起点に現状とのGAPを認識した上で問題点を把握できているのである。



ダラダラと書いてきたが、以上の内容をまとめると以下のようになる。



「課題」を答案用紙に書くためには、あなた自身が「課題の設定」を行う必要がある

  ↓そのためには

「現状と理想との差」=問題点となる要素を与件文から見つけ出す必要がある
※問題点は1つの場合もあるし、複数の場合もある。

  ↓その上で

問題点を解決するための達成目標を定め、課題として設定する



以上のような頭の動かし方を経て、課題を設定することになる。


なお、課題の設定の際に、問題点となる要素が1つの場合は比較的シンプルに課題設定が可能な場合もある(例えば、問題点が「利益率の低下」だとしたら、課題はそれを裏返した「利益率の向上」となる)のだが、問題点となる要素が複数存在する場合は、答案用紙に書く課題を慎重に検討する必要がある。


例えば、問題点①、問題点②、問題点③という3つの問題点が与件文から把握できたとしよう。


その場合、


問題点①~③のすべてを解決するための達成目標となるワードをチョイスし、それを課題として答案用紙に書く必要がある


のである。


より分かりやすく言えば、


問題点①だけを解決する課題や問題点①と③だけを解決するような課題の設定(=ワードのチョイス)をしてしまうと、それは間違いなく減点対象となるということである(前者は問題点②、③を、後者は問題点②をないがしろにした課題設定をしているため)。


ここは密かにかなり差がつくポイントだと筆者は考えているので、ぜひしっかり意識してみてほしい。


試験委員は答案用紙の「課題」に記載されているあなたのワードのチョイスによって、与える点数を変えているはずである。


つづく


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【1次試験】弱点克服学習アクション(経済学)

今回は2018年度の1次試験突破を目指す受験生に向けた記事である。


さて5月も中旬に入り、本試験までの日数が徐々に少なくなってきて焦りを感じている受験生も多いことと思う。


今回は「経済学がヤバイんです!」というあなたに、弱点克服に向けた学習戦略を提示する。




あなたはすでに1度、経済学を一通り学習していることとと思う



この時期に直面する問題点と言えば、


「あれ?以前勉強した時はスラスラ解けたのに、忘れちゃって全然解けなくなっている」


ということだろう。



そのような状況に絶望しているあなた。


安心してほしい。


まだまだリカバリは可能である。


実は受験生時代の筆者も4月頃にこのような状況に陥った。


しかも筆者は経済学部ではないので、経済学は初心者中の初心者。


筆者はそこから半月ほどでリカバリし、TAC模試、1次本試験でも80点以上を奪取した。


その際に筆者が採用した学習戦略をそのままあなたにお伝えする。




【やるべきこと①】

以下のスピ問を単元の塊ごとに解いて、自己の理解度を確認する。


基本レベルの問題演習を通じて、基礎知識が身についているかを単元の塊ごとに確認する。
※単元の塊はテキストの単元ベースで、自分が理解可能な適当な範囲で切ればよい。



【やるべこと②】

スピ問で理解が乏しくて全く問題が解けない単元に関しては、以下の石川経済を用いて、該当する単元のyoutubeの講義を聴いて理解し直す。





石川先生はグラフの動きもきちんと板書してくれるので、その動きをしっかりと見て理解すること。講義を聴いた後にすぐに自分でノートにグラフを書いて復習すると、より理解が深まるだろう。
※グラフの動きを自分で作図できるようになると、本試験の問題は面白いほどスラスラ解ける。

なお、経済学には単なる暗記系の内容も一部含まれるが、それも講義を聴いておくと記憶のとっかかりができてよい。

このプロセスに関しては、理解できない部分は巻き戻して何度でも見直し、完全理解に努める。ここが最大のポイントである。

以上のプロセスを通じて理解が深まった単元は、その後すぐに該当する単元のスピ問の問題を解く。するとかなり解けるようになっているはずである。この時点で、該当する単元に関するあなたの基礎レベルはクリアしたと判断する。



【やるべこと③】

スピ問レベルの問題は既に解ける、もしくは石川経済の講義を聴いて解けるようになった単元に関しては、以下の過去問マスターを通じて実戦レベルの演習を行う。
※この時期は本書で定められている問題ランクCには手を出さなくてOK。経済学を得意科目としたい人は、6月~7月にCランクに手を出すか否かを決定する。


過去問マスターは若干解説が不親切なので、もし解説が理解できなければ、(追加投資は発生してしまうが)TACの過去問の解説を利用する。






経済学に関してあなたが弱点を克服する学習アクションは上記しかないと筆者は考えている。



もしあなたが今、経済学の学習に関して悩んでいるのであれば、ぜひ本記事を参考に今すぐにでも着手してほしい。



なお、直前期の7月は他の科目との絡みもあるはずなので、youtubeの動画講義を聴きながら経済学だけに集中的に時間を充当することはかなり難しくなるだろう。


その意味で言えば、本記事の学習アクションは5月中、遅くとも6月末までには完了しておくべきと言える。


逆に言えば、6月末までに本学習アクションにより経済学のレベルを高めることができれば、精神的にもかなり楽になるだろう。


本記事に書かれている内容をあなたがしっかりと実践すれば、(通常の難易度であれば)経済学で70点以上は容易に奪取できるはずなので、頑張ってほしい。


マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

【全読者対象】企業経営とIT(Final)

「なぜ中小企業診断士がITに関する知識を身につけなければいけないのか」を筆者なりの観点でお伝えする、連載「企業経営とIT」も本記事で最後である。
※前々回の記事:「【全読者対象】企業経営とIT(前編)」、前回の記事「【全読者対象】企業経営とIT(中編)



前回はそもそも「なぜITが企業経営にとって重要なのか?」というロジックをお伝えした。



今回は、そのようにITが企業経営にとって重要な経営環境の中で、中小企業診断士が果たすべき役割とそのためのポイントをお伝えし、本連載の締めとしようと思う。



これまでの連載でお伝えしている通り、正しいIT導入とは「IT導入が経営に寄与するもの」である必要がある。


なぜならば、そうでないIT導入は投資対効果としては低いものになるからである。




では、IT導入を経営に寄与するものとするためにはどうすればよいのだろうか?



それは、


「経営戦略」と「IT導入」の整合性を確保すること


である。




上記を言葉で書くと、


「そんな当たり前のことわかっとるわい!」


とあなたは思うかもしれない。




しかし「経営戦略とIT導入の整合性を確保すること」はそれほど簡単なことではない。



その要因には2つある。



要因の1つは、前回の記事でお示しした以下のグラフを見るとわかる。
中小企業白書2016_第2-2-10図
中小企業の多くは、そもそもIT投資を重要であると思っていない。


当たり前のことだが、重要だと思っていないことに対して投資・注力する企業はいない。


経営資源にハンディを抱えている中小企業であれば、なおさらのことである。



つまり、あなたがIT導入が企業経営において重要だと思うのであれば、


あなたは中小企業の経営者に対して「なぜIT導入が企業経営において重要なのか?」を説明した上で納得してもらい、具体的なアクションを起こしてもらう必要がある


ということになる。





続いて要因の2つめは、


IT導入と整合性を図るべき経営戦略そのものが存在しないこと


である。



ひょっとするとあなたは驚くかもしれないが、中小企業で経営戦略や中期経営計画がきちんと可視化・文書化され、それを従業員に対して説明可能な状態となっている企業は相当少ない。


中小企業における経営戦略や中期経営計画の多くは、経営者の頭の中に入っているか、何も存在しないで場当たり的に経営をしているかのいずれかである。



このような企業に対してIT導入の重要性を訴えたところで、次に何をすべきかを定めることはできない。



なぜならば、


経営戦略が定まっていないのに、それを支えるツールであるIT導入のあるべき姿など描けるはずがない


からである。




つまり、あなたがIT導入が企業経営において重要だと思うのであれば、


IT導入以前に、あなたは中小企業の経営者に対して経営戦略立案の必要性を説明し、それを可視化するための具体的アクションを起こしてもらう必要がある


ということになる。




以上、企業がIT活用により更なる成長を遂げるために、あなたが中小企業診断士として果たすべき役割の基本中の基本をお伝えした。



以上の内容を読んでいただければお分かりいただけると思うが、



企業経営にITを活用する提言をする上では、「企業経営」と「IT」に関する知識・知見の両方を兼ね備えている必要がある。



IT企業でSEの仕事をしている人は、一般的に企業経営の知識が弱い人が多い。
※IT業界で働く人に中小企業診断士を目指す人が多いのは上記理由によるものであろう。これらの人は既に豊富なITの知識・経験を持っているので、そこに企業経営の知識がオンされれば、経営視点からのIT導入提案を行うことができるようになるのである。


そして経営コンサルにはIT知識が弱い人も多い。
※特に年齢が高くなるほどこのような傾向にあるように感じる。



したがってあなたには、


企業経営の知識とITの知識をバランスよく身につけ、「企業経営におけるIT活用の重要性」を経営者に対してきちんと伝えて成果を出すことができる中小企業診断士になってほしい

と筆者は思うのである。



本連載は3回に渡ってお伝えしたが、以上が筆者があなたにお伝えしたかったメッセージである。



中小企業診断士合格を目指す受験生は、経営情報システムの勉強を決してないがしろにしないでほしい。


マジなコンサル診断士を目指してキャリア形成を図っている方は、ぜひITを絡めた経営改革を推進していってほしい。



マジコン診断士

「本記事が参考になった」という方、または「次回の記事に期待している」という方、または「本ブログを応援している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

follow us in feedly

プロフィール

マジコン

Author:マジコン
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
カテゴリ
関連記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
スポンサーリンク
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサーリンク